夢に近づくエクササイズ。 世界をつかんだ、ユーコ・スミダ・ジャクソン

2013年 9月 1日 11:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ダンスで世界を回るのが夢だった」。ダンサーとして世界を舞台に活躍し、今は指導者として、そして企業家として、次の夢に突き進むユーコ・スミダ・ジャクソンさん。いくつもの困難を乗り越え、自分らしい生き方をつかんできた彼女の、情熱の原点を探ってみた。



マイケル・ジャクソンとの思い出


「マイケルとステージの上で踊っている時は、なんとも言えない情熱のビート、熱い波動のようなものが彼自身から伝わってくるのを全身で感じました。あんな素晴らしい経験をしたのは、後にも先にもマイケルの時だけ。本当に忘れがたい経験でした」。



マイケル・ジャクソンのバックダンサーを務めた日本人ダンサーとしても、注目を集めたユーコさん。20代で単身LAに渡り、幸運にもマイケル・ジャクソンのバックダンサーオーディションに合格。以来、数々のトップアーティストとの仕事をこなした。


「当時のアメリカは、殆どのオーディションでは人種分けがきっちりされていて、アジア人はどちらかというと不利でした。ただ私は、人と違う所を逆手にとって、人と比べられない自分、それを武器にしただけなんです」。


「マイケルになぜ選ばれたのか、結局最後まで聞くことはできませんでしたが、きっと彼は肌や目の色で決める前に、人間としての私を見てくれたんじゃないかと思います。そういうピュアな感覚を大事にする人でした」。

Related article

  • 「ザ・スパ・アット・マンダリン・オリエンタル・東京」の新メニュー
    「ザ・スパ・アット・マンダリン・オリエンタル・東京」の新メニュー
  • 心とカラダで旅するヨーグルト「JOURNEY(ジャーニー)」、新サイズ登場
    心とカラダで旅するヨーグルト「JOURNEY(ジャーニー)」、新サイズ登場
  • クレ・ド・ポー ボーテから新発売のマスクで、輝きランクアップ
    クレ・ド・ポー ボーテから新発売のマスクで、輝きランクアップ
  • シャネル、“細胞をデザインする”新リフティング ライン
    シャネル、“細胞をデザインする”新リフティング ライン
  • 細胞修復力を飛躍的に高めた新「アドバンス ナイト リペア」
    細胞修復力を飛躍的に高めた新「アドバンス ナイト リペア」
  • ハリと輝きを惜しみなく、コンフォートゾーン「グロリアススキン」
    ハリと輝きを惜しみなく、コンフォートゾーン「グロリアススキン」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 2
    コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
  • 3
    建築家ピエール・シャローの知られざる魅力を公開
  • 4
    モダンデザインの粋を見る「バウハウス・デッサウ展」
  • 5
    刀剣における日本の伝統美を映し出す職人技 日本橋三越本店で河内國平個展「光=映=日本刀」
  • 6
    ボンジュール、アン 【今週末見るべき映画】
  • 7
    今週末見るべき映画「幸せのありか」
  • 8
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の二「江戸扇子/伊場仙」
  • 9
    ジャズ名盤講座第5回「ベツレヘム」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 10
    30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加