江戸な縁起ものを暮らしに/其の三「桐箱入りの楊枝/さるや」

2014年 1月 20日 09:52 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

時代を超えて愛されてきた、江戸な老舗が手掛ける “縁起がいい”にこだわった日用品。形に、意匠に、絵柄に、よきことがあるようにと祈りを込められた縁起ものたち。こだわりから、そのモノの背景にある物語まで。暮らしのなかに取り入れてみて。

#03.香りで邪気を払って、金運アップな桐箱楊枝

江戸時代の美容書「都風俗化粧伝(みやこふうぞくけわいでん)」にも、朝起きると楊枝で歯を磨くことと記されているように楊枝は歯ブラシとして使われていた。ただし楊枝にも平楊枝、小楊枝、房楊枝などの種類があり、平楊枝は平たく削った串で菓子などに添えるもの、小楊枝は今の爪楊枝、先端を金槌で叩いて房のようにした房楊枝が歯磨きに使われていたとか。江戸の文化末期には、浅草寺の境内に200軒以上も楊枝を売る店があったそうだ。

さるや



桐箱入り干支楊枝は、毎年発売直後に完売する人気商品。今年は神馬が描かれている/¥950(20本入り)。麻の葉や有平縞の粋な楊枝入れ/¥700


宝永元(1704)年創業の楊枝専門店「さるや」は、江戸名物といわれた楊枝を今に受け継ぐ老舗。今でも香り高い黒文字の若木だけを使った手作りの楊枝を手掛けている。芳香が高く、しなやかで弾力性のある黒文字の楊枝は、江戸時代から人気が高かったと言う。

さるや



金千両、大入などおめでたい言葉が描かれた桐箱。金千両の墨文字は、代々当主が書くことが習わし。/¥700(金千両・大入)

Related article

  • イタリアの職人技が光る「EXILIA」のランジェリー
    イタリアの職人技が光る「EXILIA」のランジェリー
  • 王妃マリー・アントワネットが愛したブレゲ/ブレゲ~Breguetに魅せられて(5)
    王妃マリー・アントワネットが愛したブレゲ/ブレゲ~Breguetに魅せられて(5)
  • 08年春夏「OFFLIMITS」は、愛らしさにトレンドを詰め込んで
    08年春夏「OFFLIMITS」は、愛らしさにトレンドを詰め込んで
  • 賢い人は持っている? 温もりと機能性を併せた手袋
    賢い人は持っている? 温もりと機能性を併せた手袋
  • 次のメガネトレンドを予測、アイウェア・オブ・ザ・イヤー2008
    次のメガネトレンドを予測、アイウェア・オブ・ザ・イヤー2008
  • Works/アート|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(3)
    Works/アート|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(3)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    インテリア・キッチンなら男も主役|Guys in the Kitchen#02
  • 2
    CESで話題!プレゼンテーションに使える、超小型無線マウス
  • 3
    アランフエスの麗しき日々 【今週末見るべき映画】
  • 4
    今週末見るべき映画Part 2 「アルマジロ」
  • 5
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(3)
  • 6
    目にした美しさ、そのままに。「SIGMA dp2 Quattro」
  • 7
    「アルファ ロメオ・ジュリエッタ」が日本初公開
  • 8
    空気と水の関係を問う、ジョエル・マイロウィッツ個展
  • 9
    【速報】 銀座三越  「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013」
  • 10
    ブライダルジュエリー「BRILLIANCE+」、銀座ショールームがオープン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加