ティファニー、憧れと誘惑をまとう/1)ティファニー ブルー

2014年 1月 20日 09:54 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せの青い箱。ティファニーのブルーボックスときらめくジュエリーには、いつの時代も女性たちへの祝福のメッセージがこめられてきた。人生の節目に、ウェディングに、そして自分自身の情熱の証に…。1837年の創業以来、愛されてきたティファニー。その背景にある物語、そしてコレクションをご紹介。

#01.ティファニーから始まる、幸せの物語。HISTORY

ティファニー ブルー。ティファニーのギフトボックスに象徴される青いカラーは世界中の女性たちにとって幸せの色。この清々しいブルーは、春の訪れを告げるコマドリの卵の色って知ってた? ティファニーの歴史を振り返ると、そこには知られざる秘密がまだまだあることに気付くはず。そんな歴史トリビアを、ひも解いてみよう。


創業は1837年。五番街のティファニー本店の前身ともいえる「ティファニー・アンド・ヤング」がブロードウェイにオープン。1845年には、当時は珍しい米国発のメールオーダーカタログ「ブルーブック」を発行。革新的ジュエラーとして注目された。

ヨーロッパのジュエラーが主流だった時代に、アメリカの革新ジュエラーとしてティファニーが心がけたのは「シンプリシティ」。創業者のチャールズ・ルイス・ティファニーは「誰にでもわかる、シンプルな美しさ」をモットーに、新しいスタイルのジュエリーを生み出していった。

チャールズ・ルイス・ティファニー氏

チャールズ・ルイス・ティファニー氏/©Courtesy Tiffany & Co.

Related article

  • 追悼、帽子デザイナー・平田暁夫
    追悼、帽子デザイナー・平田暁夫
  • ミニマル、シンプル、モダンなジュエリー
    ミニマル、シンプル、モダンなジュエリー
  • ティファニー アトラスから新作
    ティファニー アトラスから新作
  • 感性を刺激するクルマ、イプシロン パープル×浅野忠信
    感性を刺激するクルマ、イプシロン パープル×浅野忠信
  • 食堂おさか/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(3)
    食堂おさか/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(3)
  • リストニアから届いた手作りフェルトスカーフ
    リストニアから届いた手作りフェルトスカーフ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:アウディ「A5/S5カブリオレ」
  • 2
    フォトギャラリー:新型フェアレディZ北米モデル「370Z」
  • 3
    1949年から変わらない、スウェーデンの収納
  • 4
    フォトギャラリー:「ニスモ 370Z」
  • 5
    話題の賃貸ビル「the SOHO」モデルルームが公開
  • 6
    フォトギャラリー:ポルシェ 新モデル「パナメーラ」
  • 7
    フォトギャラリー:レンジローバー・イヴォーク5ドア
  • 8
    秋のデザイン祭り、サテライト会場を厳選ピックアップ!
  • 9
    フォトギャラリー:iida第二弾発表会
  • 10
    フォトギャラリー:「ライカ M9 チタン」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加