ティファニー、憧れと誘惑をまとう/1)ティファニー ブルー

2014年 1月 20日 09:54 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せの青い箱。ティファニーのブルーボックスときらめくジュエリーには、いつの時代も女性たちへの祝福のメッセージがこめられてきた。人生の節目に、ウェディングに、そして自分自身の情熱の証に…。1837年の創業以来、愛されてきたティファニー。その背景にある物語、そしてコレクションをご紹介。

#01.ティファニーから始まる、幸せの物語。HISTORY

ティファニー ブルー。ティファニーのギフトボックスに象徴される青いカラーは世界中の女性たちにとって幸せの色。この清々しいブルーは、春の訪れを告げるコマドリの卵の色って知ってた? ティファニーの歴史を振り返ると、そこには知られざる秘密がまだまだあることに気付くはず。そんな歴史トリビアを、ひも解いてみよう。


創業は1837年。五番街のティファニー本店の前身ともいえる「ティファニー・アンド・ヤング」がブロードウェイにオープン。1845年には、当時は珍しい米国発のメールオーダーカタログ「ブルーブック」を発行。革新的ジュエラーとして注目された。

ヨーロッパのジュエラーが主流だった時代に、アメリカの革新ジュエラーとしてティファニーが心がけたのは「シンプリシティ」。創業者のチャールズ・ルイス・ティファニーは「誰にでもわかる、シンプルな美しさ」をモットーに、新しいスタイルのジュエリーを生み出していった。

チャールズ・ルイス・ティファニー氏

チャールズ・ルイス・ティファニー氏/©Courtesy Tiffany & Co.

Related article

  • 美しさと機能性を持ち合わせた、才色兼備のポーチ
    美しさと機能性を持ち合わせた、才色兼備のポーチ
  • 「Inside Chanel」第十二章。シャネルからカール ラガーフェルドへ
    「Inside Chanel」第十二章。シャネルからカール ラガーフェルドへ
  • パリにみる、ファッションルックの競演(1)
    パリにみる、ファッションルックの競演(1)
  • ブレゲ、その歴史/ブレゲ~Breguetに魅せられて(2)
    ブレゲ、その歴史/ブレゲ~Breguetに魅せられて(2)
  • 日本の心と美、陶器ブランド「美命」の世界
    日本の心と美、陶器ブランド「美命」の世界
  • 深まる秋、あらゆるシーンの洗練された装いに、「ランズエンド」
    深まる秋、あらゆるシーンの洗練された装いに、「ランズエンド」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 2
    フォトギャラリー:iida発表会、深澤直人デザイン「PRISMOID」
  • 3
    世田谷通り沿いに、三軒茶屋エリア4拠点となるオブスキュラ「Obscura Mart」オープン
  • 4
    MoMA Design Storeが初上陸、表参道GYREがオープン
  • 5
    フォトギャラリー:吉岡徳仁デザイン「iida X-RAY」
  • 6
    三宅一生 「REALITY LAB 再生・再創造」展が開幕
  • 7
    フォトギャラリー:FLOS「soft-architecture」
  • 8
    バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー
  • 9
    閉幕迫る「大地の芸術祭2009」北川フラム インタビュー
  • 10
    長山智美のムームー日記SP「おお!イケアのイっケんヤ!」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加