ティファニー、憧れと誘惑をまとう/3)ティファニー アトラス

2014年 1月 20日 09:56 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せの青い箱。ティファニーのブルーボックスときらめくジュエリーには、いつの時代も女性たちへの祝福のメッセージがこめられてきた。人生の節目に、ウェディングに、そして自分自身の情熱の証に…。1837年の創業以来、愛されてきたティファニー。その背景にある物語、そしてコレクションをご紹介。

#03.「永遠の時」を手に入れるジュエリー、ティファニー アトラス
クールビューティ、いつだって知的美しさを身に着けていたい女性たちへ。アメリカで歴史を刻んできたティファニーのジュエリーデザインは、ココロ強い味方となってくれるはず。なかでもギリシャ神話の巨神の名を冠した「アトラス コレクション」は、ローマ数字のモダンデザインが世界中で愛される定番。ティファニーの草創期から続く歴史とともに歩んできた、アトラスの秘密を交えてご紹介。


ティファニー アトラスのモチーフとなっているのは、ニューヨーク本店のファサードにあるアトラス クロック。あのギリシャ神話に登場する、天空を支える巨人、アトラスの彫像と一体となった時計が、ティファニー社のシンボルとして登場したのは1853年。ちょうどティファニーの社屋がブロードウェイ550番地に店舗を移転した年のことだった。五番街に移転した現在も、ファサードにはこのアトラスクロックが掲げられている。


© Andrew Bordwin


ローマ数字を巧みに操り、モダンな感性のジュエリーに仕立てたのはティファニーの名誉デザインディレクター、ジョン・ローリングだ。チューリッヒの聖ピーター教会の時計塔にインスピレーションを得たそう。ベゼルの内側に弧を描く、二重の円形デザインがローマ数字をより印象深く見せ、「永遠の時」というアトラスのテーマにふさわしい物語を感じさせている。12からはじまって再び12へ、ゆったりと巡る時間のループを想像しながらジュエリーを眺めてみれば、そこから永遠の時が流れていくのを体感できるはず。

アトラスの魅力をまずデイリーに実感したいなら、リングはいかが。4つのローマ数字を使ったシンプルなデザインは、指先にきらりと知性を漂わせてくれる。小さいながらも浮き彫りにされたローマ数字のシャープな立体感は、ジュエラーの技を感じる美しさ。10万円以下で手に入るプチプライスもうれしい。

アトラス


ティファニー アトラス オープンリング(18KRG)¥90,300

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    秋のデザイン祭り、サテライト会場を厳選ピックアップ!
  • 3
    今週末見るべき映画「ローマ法王の休日」
  • 4
    ミラノサローネで発表のヤマギワ新作照明が東京に
  • 5
    アレッシィ新作が発表、ピエール・エルメとのコラボ
  • 6
    「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」展
  • 7
    ディカプリオも祝したタグ・ホイヤー150周年
  • 8
    あの人の「スタンダード」と「ニュースタンダード」/1)真鍋大度
  • 9
    史上最もパワフルなCクラス
  • 10
    今週末見るべき映画「神々のたそがれ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加