王妃のための腕時計、「クイーン・オブ・ネイプルズ」/ブレゲ~Breguetに魅せられて(1)

2014年 3月 17日 09:34 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

高級時計は数あれど、そのなかでも最高峰を誇るブレゲ。1775年創業と長い歴史を持つが、その時計はフランス王妃マリー・アントワネットをはじめ、コンドルセ公爵夫人、皇后ジョセフィーヌなど、歴史を彩った錚々たる女性たちを魅了し、また愛されてきた。ブレゲの歴史、そして背景をひもとく。

#01.王妃のための腕時計、「クイーン・オブ・ネイプルズ」

ブレゲには、いろいろな逸話があるが、ブレゲを熱烈に賞賛した女性の一人、ナポレオンの妹でナポリ王妃であるカロリーヌ・ミュラのために作った時計もその一つ。1812年に彼女の元に届けられたモデルは、今から200年前のモデルとしては実に画期的なものであった。

それは世界初の腕時計であり、時計の進化を2世紀早めたと賞されるブレゲの最も注目すべき時計であったのだ。オーバル型のフォルムも、当時としては異例のデザインだった。残念ながら現物は現在所在不明だが、ブレゲに大切に保存されている台帳には、この洗練された独創的な腕時計の特徴についてこう記されている。「細長いフィルムのリピーター・ウォッチ(中略)、髪の毛とゴールドを編んだブレスレットを組み合わせた」。

この伝説の時計にインスピレーションを得て、手首に巻き付けるために髪の毛とゴールドの糸を撚り合わせて作ったブレスレットが付属することや、また温度計も備えていたことなどなどを発見し、これらの情報からイメージをふくらませて新しいデザインを考案した。そして隅々まで女性らしい趣が息づき、2002年に発表されたのが「クイーン・オブ・ネイプルズ」コレクションである。


「クイーン・オブ・ネイプルズ」コレクション
(写真左)クイーン・オブ・ネイプルズ 8918 18Kローズゴールド ¥6,160,000、(写真右)クイーン・オブ・ネイプルズ 8908 18Kホワイトゴールド ¥7,390,000


その姿はどこまでもモダンで洗練され、ポエジーに溢れている。女性専用モデルとして考案されたこのコレクションは、甘美な曲線に包まれた卵形のケースやムーンフェイズといった機械式時計の複雑機構がもたらす優雅な気品が時計の個性を演じている。

「クイーン・オブ・ネイプルズ・カメア」コレクションは、カメオの伝統工芸を讃えたもの。ナポリ近郊の街トレ・デル・グレコの伝統工芸であるカメオ細工と高級時計という、2つの芸術のかつて類を見ない融合を果たしている。ブレゲのカメオの文字盤は、地中海の貝を用いて作り上げる彫刻芸術。カメオ職人は鋼の彫刻刀だけを用い、さまざまな層が重なった貝に2mmにも満たない彫りを施して、繊細きわまりない彫刻へと仕上げる。


クイーン・オブ・ネイプルズ カメア 18Kホワイトゴールド ¥6,690,000

Related article

  • あの人の「スタンダード」と「ニュースタンダード」/3)前田エマ
    あの人の「スタンダード」と「ニュースタンダード」/3)前田エマ
  • 幸せを呼ぶ四つ葉の輝き、ヴァン クリーフ&アーペル限定ペンダント
    幸せを呼ぶ四つ葉の輝き、ヴァン クリーフ&アーペル限定ペンダント
  • アル・カポネの足元を飾った、ガラパゴス島の紳士靴「ブダイ」
    アル・カポネの足元を飾った、ガラパゴス島の紳士靴「ブダイ」
  • 吉田カバン×ビームスの手ぶらダッフル
    吉田カバン×ビームスの手ぶらダッフル
  • ミケランジェロも愛した、職人芸術が息づくイタリアの名門「アラルディ1930」
    ミケランジェロも愛した、職人芸術が息づくイタリアの名門「アラルディ1930」
  • パリ・伝説のフォトスタジオが東京に
    パリ・伝説のフォトスタジオが東京に

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本橋三越本店でこの秋を彩る
  • 2
    時計の祭典「第20回 三越ワールドウオッチフェア~時の継承~」が開催
  • 3
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 4
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 5
    少女ファニーと運命の旅 【今週末見るべき映画】
  • 6
    エクアドル発「Tree to bar」から生まれるチョコレート、「パカリ」
  • 7
    現代骨董 直球勝負。「古道具その行き先 −坂田和實の40年−」
  • 8
    「ジャガーXJ」が約7年ぶりにフルモデルチェンジ
  • 9
    いったいどれが自分? 「“これも自分と認めざるをえない”展」
  • 10
    現代中国を代表する「アイ・ウェイウェイ展—何に因って?」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加