『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

究極のタオル、「IKEUCHI ORGANIC」

2014年 4月 24日 08:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

直接肌に触れるタオルにはこだわる人も多いだろう。吸水性はもちろんのこと、肌触りや厚さなど、選ぶ基準はたくさんあるだろうけれど、選択理由のひとつとしてオーガニックコットンを条件にする人も多い。数あるオーガニックコットンのタオルがあるなかで、究極を選びたいなら「IKEUCHI ORGANIC」のタオルをおすすめしたい。


なんといっても単なるオーガニックコットンというだけではない。遺伝子組み換えでない綿を選ぶところからはじまり、それをタオルに織り上げるのは2002年から導入された100%風力発電の自社工場である。つまり環境に配慮したもの作りを行っているのがこのブランドの特徴である。染料もローインパクトダイを採用し、洗浄に使う水は清廉な地下水、汚れた水も自社で濾過してきれいにしてから廃棄と、一枚のタオルが作られる背景にも、たいへんなこだわりがあるのである。

100%風力発電で織られるタオルはまさしく“風で織るタオル”。以前は自社ブランドの名称でも使用していた。「IKEUCHI ORGAINIC」は今の自然エネルギーに注目が集まるかなり前の2002年に日本初の風力発電で稼働する工場を設立した。


「近年、愛媛県今治産のタオルはブランド化されていますが、私たちも同じ地域でいろいろなタオルを作っていたのです。オーガニックコットンのタオルはその一部にしか過ぎませんでした。でも取り組み始めたものは長く続けて行くというのが社風のせいか、気がついたらオーガニックコットンが主流になり、とうとう創業61年になる今年は、社名も“オーガニック”と入れたものに変更してしまいました」というのは社長の池内計司氏。1983年に社長就任以来、タオル生産において様々なチャレンジを行ってきた人である。

「最大限の安全と最小限の環境負荷でテキスタイルを作ること。その目標を掲げた結果、このようなもの作りになっていったのです」。未来の豊かなファブリックを創造するという高い志から生まれた製品は、原材料の調達から最終製品に至るまでの安全性の情報をすべて公開している。「赤ちゃんが口に含んでも安心」というだけの安全で安心なタオル作りをしているメーカーでありブランドなのだ。昨年はアメリカのエミー賞で、ハリウッドスターに配られるギフトのひとつにも選出された。

フラッグシップショップの入り口。温もりのあるオレンジ色のライトが目印だ。

Related article

  • スタルク×プーマの進化したネイキッドウェア登場
    スタルク×プーマの進化したネイキッドウェア登場
  • ギフトにゼニアのブラックカード
    ギフトにゼニアのブラックカード
  • イギリス発、ニールズヤードレメディーズのトリートメントマスク
    イギリス発、ニールズヤードレメディーズのトリートメントマスク
  • INSIDE CHANEL -- シャネルの伝説/第6章
    INSIDE CHANEL -- シャネルの伝説/第6章 "マドモアゼル"
  • 里山十帖(新潟・大沢山温泉)/日本を巡る、アートな旅(3)
    里山十帖(新潟・大沢山温泉)/日本を巡る、アートな旅(3)
  • 「アディダス パフォーマンスセンター 渋谷」オープン限定アイテム
    「アディダス パフォーマンスセンター 渋谷」オープン限定アイテム

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 2
    ボジョレーヌーヴォー解禁、新旬ワインと食の響宴
  • 3
    Marvelous Max Mara Tokyo 2013開催!
  • 4
    大人の男の成熟を描く、「ブルー ドゥ シャネル」 
  • 5
    数値制御切削機を用いた木製筆記具、MACINARI(マキナリ)
  • 6
    伝説の「ポルシェ917」誕生から、今年で40周年
  • 7
    初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
  • 8
    フランスで人気のチーズBEST6
  • 9
    マンダリン オリエンタル 香港に隠された、エクスクルーシブな空間
  • 10
    メルボルンの街並み/オーストラリアを旅する(2)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加