恋人のジャケットから生まれた、シャネルのツイード/シャネルとツイード、その世界(1)

2014年 5月 7日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

マドモアゼル シャネルと、英国紳士ウェストミンスター公爵との出会いは、モードの歴史を変えていき、その運命的な出会いは、やがて女性たちの新しい時代をつくっていった。シャネルが提案するファッションは、女性が活躍する時代のキーワードにさえなった。その中から、マドモアゼルの愛したツイードに注目して紹介する。

#01.恋人のジャケットから生まれた、シャネルのツイード

ツイード、ツイード、ツイード! 今シーズン、シャネルの春夏コレクションには、フェミニンカラーの軽やかなツイードや、ツイード柄シフォンなどが登場。トラディショナルな素材も、シャネルの手にかかれば気品たっぷりのモードになる。そんなシャネルとツイードの出会いをまずは歴史からひも解いてみよう。

恋多き女性、マドモアゼルと、英国紳士ウェストミンスター公爵との出会いは、モードの歴史を変えてしまった。マドモアゼルのツイードへの情熱は、公爵との出会いがきっかけだった。1920年代半ば、女性たちが豪奢なドレスに身を包んでいた時代に、マドモアゼルは当時まだ男性の装いの中心だったツイードを、さらりと着こなしたのだ。二人でヨット、ハンティング、釣り、ゴルフなどのスポーツを楽しむ際に、マドモアゼルは恋人のツイードジャケットを借りて小粋に羽織っていた。

マドモアゼルがツイードに魅せられた理由は「形に沿って光が変化する」、その表情の豊かさだった。

ウェストミンスター公爵のヨット、”The Flying Cloud”でクルージングを楽しむマドモアゼルシャネルと公爵。たっぷりおおきな男性用のツイードジャケットを、ボーイッシュに羽織る姿が逆に女性らしいかわいさを引き出している。
Gabrielle Chanel and the Duke of Westminster on his yachat ”The Flying Cloud” in 1928/©CHANEL-Denise Tual Collection


そのカッコよさは、女性たちにとってどれほど驚きだっただろうか。新しい時代の変化を求めていた女性たちは、マドモアゼルの挑戦を羨望の眼差しで見ていたに違いない。その後、マドモアゼルは恋人のツイードジャケットの心地良さをきっかけに、シャネルのアイコンであるツイードジャケットを生み出した。

Related article

  • 新しいルイ・ヴィトン 大阪心斎橋店で、自分だけのバッグをカスタムオーダー
    新しいルイ・ヴィトン 大阪心斎橋店で、自分だけのバッグをカスタムオーダー
  • パリ・伝説のフォトスタジオが東京に
    パリ・伝説のフォトスタジオが東京に
  • ティファニー、憧れと誘惑をまとう/5)ティファニーの粋「エンチャント」
    ティファニー、憧れと誘惑をまとう/5)ティファニーの粋「エンチャント」
  • ファッションの源泉「バレエ・リュス」のコスチューム展
    ファッションの源泉「バレエ・リュス」のコスチューム展
  • ブレストンコート(長野・軽井沢)/美味しい宿、美味しい旅(5)
    ブレストンコート(長野・軽井沢)/美味しい宿、美味しい旅(5)
  • ティルダ スウィントンが魅せる、メティエダールコレクションの世界
    ティルダ スウィントンが魅せる、メティエダールコレクションの世界

Prev & Next

Ranking

  • 1
    “マンガ”をテーマに『Tokyo’s Tokyo』2号店
  • 2
    スキンケアブランド「イソップ」の路面店がオープン
  • 3
    オービカ モッツァレラバーで解禁直後のノヴェッロを
  • 4
    ニューヨークで「BMW Guggenheim Lab」はじまる
  • 5
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(2)
  • 6
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 7
    圧倒的なグルビの世界へ、グルーヴィジョンズ展
  • 8
    アキラーノ・リモンディ、2014年春夏コレクションの洗礼
  • 9
    気鋭のデザイナー、ハイメ・アジョンを起用し飛躍するリヤドロ
  • 10
    カッシーナのミラノ、今年のスターデザイナーはルカ・ニケット

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加