里山十帖(新潟・大沢山温泉)/美味しい宿、美味しい旅(3)

2014年 5月 19日 10:58 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本にはたくさんの宿があるけれど、「料理が美味しい宿」というのは実は意外と少ない。なぜなら、旅館では夕食時には一気にたくさんの数の料理を用意しなければならないから。だから「料理の美味しい宿」というと、ふつうは「豪華食材が並ぶ宿」ということになりがちだが、今回はそうではなく、ちゃんと「料理」を楽しめて、ちょっと地味だけど滋味に「美味しさ」を提供している宿、五つをご紹介。


#03.オーガニック&デトックス+クリエーション。絶品料理と絶景風呂も楽しめる/里山十帖(新潟・大沢山温泉)


「宿を選ぶときに、重要視することはなんですか?」と日本人に聞くと、たいていのひとが「料理と温泉」とこたえる。そんな日本人なら誰しもが理解できる「やっぱり温泉がいい」という思いとは裏腹に、「料理が美味しい」と「温泉がいい」という両方を叶える宿は、意外に少ない。

そんな「料理も重要だけれど、やっぱり温泉がいい」という方におすすめなのが、東京から電車で1時間40分、実は伊豆や箱根より近い新潟県・南魚沼市に2014年5月17日にグランドオープンした「里山十帖」である。


朝食・夕食ともに、館内に併設されたレストラン「早苗饗(さなぶり)」でいただくスタイル。「早苗饗」とは田植えが終わったあと、その年の豊作を祈るのと同時に、 田植えに協力してくれた人々をもてなす饗応のこと。日本一の米処・南魚沼に建つ宿らしいネーミングだ。

料理のテーマは「オーガニック&デトックス+クリエーション」。従来の旅館料理とはまったく異なり、かといって日本料理でもなく、そしていわゆるヴィーガン・マクロビレストランとも違う、独自の世界観を展開する。


調理を担当するのは、フードクリエイターの北崎裕氏と、桑木野恵子氏。北崎氏は京都の現二つ星店で修業後、金沢のくずし割烹の料理長を経て独立。桑木野氏はヨガインストラクターとして活動をしながら、アーユルヴェーダをインドやスリランカで学んで帰国。東京のヴィーガン料理店出身。

フードクリエイターの北崎裕氏

Related article

  • あの人の「スタンダード」と「ニュースタンダード」/2)樅山敦
    あの人の「スタンダード」と「ニュースタンダード」/2)樅山敦
  • スペインから届いた、色鮮やかなハンドメイドバッグ『Lubochka』
    スペインから届いた、色鮮やかなハンドメイドバッグ『Lubochka』
  • スリッポンとコーヒー豆、出会いそうにない二つが初コラボ
    スリッポンとコーヒー豆、出会いそうにない二つが初コラボ
  • 「差がつく」バッグ/注目すべき、厳選メンズバッグ(4)
    「差がつく」バッグ/注目すべき、厳選メンズバッグ(4)
  • 小さな島から届くオリーブの恵み 前編|おいしいMade in Japan #07
    小さな島から届くオリーブの恵み 前編|おいしいMade in Japan #07
  • スープストックトーキョー、新シリーズ「アジアの食の知恵」発売
    スープストックトーキョー、新シリーズ「アジアの食の知恵」発売

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:アウディ「S4」「S4アバント」発表会
  • 2
    フォトギャラリー:「DESIGN TOUCH Exhibition 夢を叶えるデザイン展」
  • 3
    イデーから新作家具「CONTOUR」キャビネット シリーズ
  • 4
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(1)
  • 5
    今週末見るべき映画「ヤコブへの手紙」
  • 6
    銀座三越に日本初出店「フランソワ・プラリュ」
  • 7
    現代文学作家とメディアアーティストのコラボ「文学の触覚」展
  • 8
    ミラノサローネ2010、色の魔術師 パオラ・レンティ
  • 9
    今週末見るべき映画「25年目の弦楽四重奏」
  • 10
    フォトギャラリー:ドイツ本国仕様の新型BMW Z4

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加