京都・四条烏丸「ちきりや茶寮」で味わう、ほんまもんのおもてなし

2014年 5月 29日 08:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

「朝茶は福が増す」「茶は水が栓」「酒は酒屋に、茶は茶屋に」など、お茶にまつわることわざは、星の数ほど存在している。その一方、現代でも「茶化す」「茶々をいれる」「お茶をにごす」というように、普段、私たちが何気なく使っている言葉の中にも、「茶」の字が至るところに散りばめられている。


それもそのはず、「お茶」と「日本人」は切っても切れない密接な関係なのだ。その歴史は、今から1,200年ほど前、遣唐使が往来していた奈良・平安時代にさかのぼるといわれており、永い年月を越えて、今に受け継がれている。


急須を使ってお茶を淹れるという習慣。たしかに、自宅でも、職場でも、昔に比べたら、昨今は遠ざかりつつあるかもしれない。それでも「私はお茶を飲んだことが一度もないんです」という日本人はおそらくいないだろうし、これからも日常生活のそこかしこで、寄り添うように、ほっこりと心和ませてくれることだろう。


今回ご紹介するのは、そんなお茶を取り扱う京都の名店、創業安政元年(1854年)の「ちきりや」から生まれた「ちきりや茶寮」。1940年に本格的和風喫茶としてはじまり、この2014年4月、70年あまりの時を経て、リニューアルオープンしたばかりである。その魅力を同社社長の米内政明氏にうかがってきた。


「緑茶をより身近なものに感じてほしい」と想いを込めて。凄腕の新料理長による充実の新メニュー 


「今回、リニューアルオープンするにあたって、故・周富徳さんの孫弟子にあたる方で横浜中華街の『聘珍樓(へいちんろう)』を皮切りに、修業を積んだ新しい料理長を迎えました。中華はもちろんのこと、彼は、和食、洋食のほか、韓国料理も得意とする食のエキスパート。ランチは、リニューアル前の人気メニューも踏襲しつつ、品数を絞ったり…と嗜好を凝らし、試食会を繰り返した末、新たなメニューを決定しました」と米内氏。


あんかけ焼きそば、ミックスフライ、オムライス。定番のランチメニューは、ボリュームたっぷり。特にデミグラスソースにはシェフのこだわりが。各メニューについてくるサラダにも、お茶入りの特製ドレッシングが添えられている。中でも、数量限定の日替わりメニュー「ちきりやランチ」は見逃せない。


「和風おろしとんかつ」から「うどん入り牛鍋風・肉豆腐」「海鮮坦々冷麺」「ザーサイと筍のチンジャオロースー」「海老チリパスタ」まで、「和」もあれば、「中」もあり、「中」と「洋」の融合もあり、とバラエティ豊かで、毎日通いたくなるほどの内容だ。

Related article

  • 日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音
    日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音
  • 130人の渋い男が百花繚乱|写真集『JAPANESE DANDY』  
    130人の渋い男が百花繚乱|写真集『JAPANESE DANDY』  
  • 京都の今が集まる「ホテル アンテルーム 京都」がオープン
    京都の今が集まる「ホテル アンテルーム 京都」がオープン
  • 上七軒ビアガーデンで舞妓さんと涼む夏
    上七軒ビアガーデンで舞妓さんと涼む夏
  • 星のや 京都で味わう、「五味自在」の会席料理
    星のや 京都で味わう、「五味自在」の会席料理
  • Interview:女優キタキマユ|無限大に進化する美しき女優魂
    Interview:女優キタキマユ|無限大に進化する美しき女優魂

Prev & Next

Ranking

  • 1
    谷尻誠インタビュー:都心の広場に巨大なジャングルジムが出現
  • 2
    直接Ustream配信もできるMac、iPad、iPhone専用のワイヤレスWEBカメラ
  • 3
    「空気の港」テクノロジー×空気で感じる新しい世界
  • 4
    いったいどれが自分? 「“これも自分と認めざるをえない”展」
  • 5
    フォトギャラリー:アウディ「S4」「S4アバント」発表会
  • 6
    「WORLD SPACE CREATORS AWARD」受賞者発表
  • 7
    フォトギャラリー:リンカーン・ブランドのSUV「ナビゲーター」
  • 8
    フォトギャラリー:新型フェアレディZ
  • 9
    表参道で「WE LOVE MAGAZINE LIBRARY」
  • 10
    試乗レポート、第6世代目の新型ゴルフ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加