菩提樹を渡る風、揺れる灯りに投影するグラン・シャレ

2014年 6月 6日 08:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

「今作の、新しいシリーズにこのフレグランス キャンドルを創るに至ったのには、バルテュスの存在なくしてはあり得なかったでしょう(木村さん)」。

©sophie delaporte

バルテュスは、ポーランド系フランス人の現代具象絵画の巨匠であり、本名はバルタザール・ミッシェル・クロソフスキー・ド・ローラ伯爵(1908-2001)。1967年に画伯と結婚した節子夫人は、1970年代より画家、随筆家として活躍している。

香りの核となるのは菩提樹。「バルテュスが香水として愛用していたのが菩提樹の香りであったことに加え、スイスのロシニエールにある木造建物グラン・シャレに植わっていたこと、それからその直ぐ近くにあったバルテュスのアトリエにも古い菩提樹がありました(木村さん)」。

たった一度のテストでOKとなったというキャンドルには、ミモザにグリーンリーフ、ベルガモットなどを付加。新緑の上を吹き抜ける風のように、軽やかで瑞々しい。その香りに時折覗かせる、白檀やムスクがリズミカルでパワフルに響く。まるでアルプスの山々に見るかのような、尊厳さと静かなエネルギー。

Related article

  • 新宿に「ANTEPRIMA」新コンセプトショップ
    新宿に「ANTEPRIMA」新コンセプトショップ
  • 老舗フレグランスメゾンから新作「アマランシィ」
    老舗フレグランスメゾンから新作「アマランシィ」
  • ドルチェ&ガッバーナ“the one”シリーズ最終作発売
    ドルチェ&ガッバーナ“the one”シリーズ最終作発売
  • ブルガリ最大の旗艦店「ブルガリ銀座タワー」オープン
    ブルガリ最大の旗艦店「ブルガリ銀座タワー」オープン
  • 一瞬でピンチを切り抜けるボタン付けアイテム
    一瞬でピンチを切り抜けるボタン付けアイテム
  • ゲランの名香「シャリマー」、新フレグランス登場
    ゲランの名香「シャリマー」、新フレグランス登場

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ヒルトン東京「TSUNOHAZU」。4つの相反する要素を併せ持つダイニング
  • 2
    バーニーズ ニューヨークの実力を凝縮したプライベートレーベル
  • 3
    注目にはドッカーン加速で。ラクで楽しいNM4|試乗レポート
  • 4
    ピエール・エルメ・パリ待望のフレーバー「アンヴィ」と新作
  • 5
    フォトギャラリー:アウディ「S4」「S4アバント」発表会
  • 6
    テオ・ヤンセンが作る未来の生命、ビーチ・アニマルを見よ
  • 7
    人生における必要なこと、充実した旅|キャセイパシフィック航空|モルディブ
  • 8
    恵比寿の街で映像祭り!「エビゾー」レポート
  • 9
    永遠を見つめる女性たちへ、カルティエの新作ジュエリー
  • 10
    吉岡徳仁によるスワロフスキー旗艦店が銀座に

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加