ティファニー アトラスから新作

2014年 6月 18日 08:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

1837年9月18日にアメリカ ニューヨークで創業して以来、ジュエリー界のトップを走り続けてきたティファニー。白いリボンが結ばれたティファニー ブルー ボックスは「ティフファニーにはどれだけお金を積まれても決して売らないものがある。ただし顧客には無料で提供されている。それは、ティファニーの名が冠された箱である」と言う名文が1902年に新聞に流れた。ティファニーは、ジュエリー以外でも話題を提供し、ライフスタイルもリードしてきた希少価値の存在だろう。

そんなティファニーが、ブランドのアイコニックなコレクション「ティファニー アトラス」の新作を発表した。

ティファニー アトラス ワイド カフ(18KYG) ¥1,650,000、ティファニー アトラス ワイド カフ(1SIL)¥270,000(税込価格)

スモール ピアス(18KYG)¥345,000

シンプルさと上品さを併せ持ちながらも、大胆でスッキリとしたタイムレスなデザインで、数あるコレクションの中でもティファニーのファッションアイコンとしての地位を確立。

最新作はワイドカフ、ペンダントやフープピアスにローマ数字モチーフを美しくグラフィカルに組み込んだデザインとなっている。今回の素材は甘いイメージのローズゴールドは使用せず、イエローゴールドとスターリングシルバー2種類で作られているので、クールな仕上がり。昼夜問わずコーディネートに輝きを添え、美しい光を放ち続ける。

Related article

  • まわりも前向きにする装い
    まわりも前向きにする装い
  • (0) 手仕事により、フォルムをつくり直した女性と男性のための服
    (0) 手仕事により、フォルムをつくり直した女性と男性のための服
  • ひと味違う「SOSU MIHARAYASUHIRO」のエコバッグ
    ひと味違う「SOSU MIHARAYASUHIRO」のエコバッグ
  • ミランダ・カー、英国名門「ロイヤルアルバート」とコラボ
    ミランダ・カー、英国名門「ロイヤルアルバート」とコラボ
  • 写真家 濱田英明がうつしだすニーシングの世界
    写真家 濱田英明がうつしだすニーシングの世界
  • 和の心を身にまとう。お米&おにぎりアクセサリー
    和の心を身にまとう。お米&おにぎりアクセサリー

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本に再上陸を果たしたGRENFELL
  • 2
    シシーに会いに、ウィーンへ。華やかな貴族文化を垣間みる
  • 3
    写真というメディアの可能性を考える展覧会
  • 4
    『Adobe Ink & Slide』、日本では年内発売予定
  • 5
    今週末見るべき映画「至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~」
  • 6
    アクシスギャラリーで中山英之「小さくて大きな家」展
  • 7
    Interview:孤高の鬼才 デザイナー・秋元一彦氏が語る『ROSA RUGA』の気高き世界
  • 8
    ミラノサローネ2010、挑戦を忘れなかったモローゾ
  • 9
    深澤直人&皆川明インタビュー 「ふしとカケラ MARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」
  • 10
    マイナス5℃の極寒世界、銀座に「アイスバー東京」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加