ナチュラルエレメンツ。セラミドで、乾燥知らずのエイジレス肌に

2014年 7月 4日 11:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活週間、不摂生、ストレス…。30代以上の敏感肌の女性なら様々な理由で肌が乾燥してしまうことがあるはず。どんな高級な化粧品を使用しても治らなかった経験のある人も多いのでは。

バリア機能が一旦低下してしまった肌は、そこに様々な機能の化粧品をのせてしまうことで、さらに肌の状態が悪化してしまうことも。肌荒れの原因である、乾燥を撃退するにはまずは肌に十分な水分を与え、さらにその水分を保つことがポイント。保湿こそ、スキンケアの要だ。

ただ、化粧水をたっぷりつけた保湿は、実は一時的な効果しかもたらさない。水をそのものだけを与えても、すぐに肌から蒸発してしまうからだ。本当の保湿とは、体の外からの水分補給ではなく、体の内側の水分を肌の中で保つようサポートすること。

角質の水分のうち、80%はセラミドなどの角質細胞間脂質。セラミドが水と結合すると、その水は湿度が0%になっても蒸発せず、気温がマイナス20度になっても凍らない性質を持つため、セラミドをたっぷり含んだ肌は、どんな環境下でも水分が保たれた潤い肌になるのだ。

この保湿に欠かせないセラミド。本来はもともとすべての人が体の中に持っている細胞だが、加齢とともに減ってしまい、かつ、体の中で作り出すことがとても困難な細胞。ただし、セラミド配合の化粧水を利用することで、簡単に肌のセラミドを補給することが可能になる。

セラミドをたっぷりと含み、かつ30代以上の敏感肌の女性が安心して使えるスキンケアとして開発されたのが、「ナチュラルエレメンツ」。開発者の奈良留美子氏は、自身が体験した経験を元に、「本当に肌に必要なもの」を追求した化粧品を開発。


「30歳に入って続く、地味な肌トラブル改善を行うスキンケアアイテムを作りたいと思いました。私自身スキンケアアイテムは多ければ多い程良いと思っており、オールインワンなんてとんでもないと考えていました。ただ、肌に本当に大事なものは与える成分。肌に悪い成分を含んだ化粧品を重ね付けることは、想像以上に負荷を与えるんです」。

ナチュラルエレメンツの特徴は、セラミドをたっぷりと与えられることと、肌荒れの大きな原因である「肌の摩擦」が少ないこと。化粧品をつける際の肌への接触は、一歩間違えればもっとも大きな肌への負担に。オールインワンゲルであれば、肌への接触の回数が少ないため、肌を引っ張ったり、こすったりして負荷を与えることを回避でき、スキンケアの時間短縮もできるので、疲れて帰ってきた夜も続けられるはず。

また、配合される6つの天然成分もすべて国産のものを使用。西伊豆の土肥でしか手に入らない幻の白ビワのビワ葉エキスや、32,000年前の火山で生まれた美容の土クレイミネラルなど、日本各地の選りすぐりの素材を配合。自然由来のエイジングケア成分とセラミド、水分保持機能を高めるトレハロースなど肌への優しさと実感力を追求した内容だ。

どうしても肌が乾燥してしまう、加齢とともに肌のトラブルが増えてきたなどの悩みがある方は、ぜひ一度シンプルなスキンケアへの切り替えで、肌自身の機能を見なおしてみては。

文/ガルボ編集部

Related article

  • 【動画】たった3分。オイル蒸しパックで、毛穴レスな柔らか肌を手に入れる
    【動画】たった3分。オイル蒸しパックで、毛穴レスな柔らか肌を手に入れる
  • オーガニックスキンケアの醍醐味を味わえる「インフィオレ」
    オーガニックスキンケアの醍醐味を味わえる「インフィオレ」
  • 薔薇が香るサプリメント『Ms.Mr. ROSE』誕生
    薔薇が香るサプリメント『Ms.Mr. ROSE』誕生
  • 毎年恒例、ジバンシイの七夕限定キット
    毎年恒例、ジバンシイの七夕限定キット
  • ゴージャスで魅惑的なバスライン、限定発売
    ゴージャスで魅惑的なバスライン、限定発売
  • シュウ ウエムラ×村上隆、夢のコラボが実現!
    シュウ ウエムラ×村上隆、夢のコラボが実現!

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「プジョー3008」、デザイナーが語る新型クロスオーバーの魅力
  • 2
    「料理をデザインする」ルキ・ヒューバーのシリコンアイテム
  • 3
    トップデザインの新拠点、トーヨーキッチンスタイル東京
  • 4
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 5
    キュートな猫モチーフが随所に散りばめられたポール&ジョーのメイクコレクション
  • 6
    オバマ大統領の左腕に光る、ダイバーズ時計とは?
  • 7
    安藤忠雄と北欧の名匠が完成させたドリームチェアとは?
  • 8
    今週末見るべき映画「リスボンに誘われて」
  • 9
    grafの考えるグラフィックとは?「感じる箱展」大阪で開催
  • 10
    フォトギャラリー:トヨタ 新型「プリウス」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加