ウルグアイの女性デザイナーが作る地球に優しいバッグ、『SabrinaTach』

2014年 7月 9日 09:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週のMONOCOのオススメは、ウルグアイから届いたバッグブランド『SabrinaTach』。


デザイナーのSabrinaの故郷でもありバッグの生産国のウルグアイでは、良質な生地を入手する事がとても困難。そこで彼女が目を付けたのがレザーやウール。ウルグアイの特産品でもあるこれらの素材は上質なものが手に入りやすいという。

しかし彼女は、ただ簡単だからということで素材を利用することはしない。野生動物保護とリサイクルの観点から、放牧の家畜動物の食肉の副産物として生まれた皮をなめして使用している。

ジーンズと相性の良い茶のショルダーバッグは斜め掛けもできる

黄色が爽やかなフリンジ付きのリュック

そんな発想の転換や思いやりに共鳴を受けてか、パリやニューヨークでも人気を博している『SabrinaTach』。使い込むほどに暖かみを増すこのバッグは、長く使っていける一品だ。

レザーの本来の美しさを表現した高級感溢れるトートバッグ

お問い合わせ:MONOCOサポート
<『Barons Papillom』についての詳細情報はこちら>

文/ガルボ編集部

Related article

  • 【動画】毎日の手軽なマッサージで小顔&艶肌に
    【動画】毎日の手軽なマッサージで小顔&艶肌に
  • まわりも前向きにする装い
    まわりも前向きにする装い
  • 20日まで、フセイン・チャラヤン初の大規模個展
    20日まで、フセイン・チャラヤン初の大規模個展
  • 無縫製ニットの新大人服 Jelly+ とは?
    無縫製ニットの新大人服 Jelly+ とは?
  • フォトギャラリー:エルメネジルド ゼニア 新宿店
    フォトギャラリー:エルメネジルド ゼニア 新宿店
  • コスチュームデザイナー・ARAKI SHIRO(前篇)|『構築的耽美主義、目指すは世界』|Interview
    コスチュームデザイナー・ARAKI SHIRO(前篇)|『構築的耽美主義、目指すは世界』|Interview

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ファミリア×鹿児島 睦|『器から飛び出す図案展』、27日より開催
  • 2
    今週末見るべき映画「ゼロ・ダーク・サーティ」
  • 3
    ゴルフGTIに特別限定車「ゴルフGTI Pirelli」
  • 4
    飛行機に乗ってまで観に行く価値がある、極上のショーとは
  • 5
    「MURAKAMI EGO」フクヘン現地レポート(前編)
  • 6
    「暮らしのブランド」最新情報が2月のドイツに集結、アンビエンテ
  • 7
    話題の賃貸ビル「the SOHO」モデルルームが公開
  • 8
    ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ 【今週末見るべき映画】
  • 9
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
  • 10
    建築家・谷尻誠 meets オルセー美術館展2010

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加