世界で一番小さなカップケーキ屋/パリの絶品スイーツ(3)

2014年 7月 14日 09:58 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

パリでは、パリジャン&パリジェンヌの心を捉えてやまないスイーツ専門店が増えてきた。食べ歩き文化のあるパリならではのサイズ感や、すべてをフランス産にこだわったお店…。パリを訪れたらぜひ立ち寄りたい、おすすめのスイーツ専門店をご紹介。

#3.世界で一番小さなカップケーキ屋「Cupcake & Macaron」

パリのスイーツ専門店の火付け役は2009年に次々オープンした”カップケーキ”。その後、シュークリーム、チーズケーキ、エクレア、メレンゲ、カヌレなど次々と専門店が登場している。そんな中、見た目がカラフルで、たくさんの種類があり、いろいろなシチュエーションで引っ張りだこ…と大ブームとなったのはカップケーキ。でも、甘すぎるアイシング、重たいバタークリームのせいか、リピーターを獲得できずすぐに閉店してしまうお店が多かったのも事実。そんなことからパリでは”カップケーキ”は「見た目は良いけどおいしくない」、と言う悪評がつきまとうようになった。

2012年。そんな悪評を一掃するがごとくオープンしたのが「Cupcake & Macaron」だ。「いままで出回っているパリのカップケーキは、アメリカで50年前に生まれた当時のレシピに近い物。ごてごてに飾り立て、たくさんの砂糖とバターを使う家族の楽しみの一部、のようなもの。それをそのまま作っても、きっとフランスでは受け入れられないだろう」というオーナー クリステル・ワイ=シューンとアーティストのステファン・ロック=プレスティジエの予感はあたった。

フランスの国内の上質な素材だけを使い、フランスならではのカップケーキ作りに焦点を当てて研究。しっとりとしたスポンジに、秘密の軽いフレッシュなクリームを開発することに成功。「生クリームでは形が保てず、すぐにスポンジにしみ込んでしまう。でもうちの特製クリームは生クリームに近い食感なのに、スポンジにしみ込まず形も綺麗」。


開店日を尋ねると、「2012年」としか教えてくれなかった。ミステリアスといえばこんな事も。ショップの看板にも普通は”何年創業”と書かれるところを「ずっと前からある」とか「変わらずにある」と書かれていて、いろいろなポイントで微妙なミステリアスな雰囲気を演出。

マビヨン駅前にある店構えを見て、みんな一度は驚くとか。というのも間口1メートルもなく、店内はふたり入ったら身動き取れないほどの広さで、なんと25平米。きっと世界で一番小さなカップケーキ屋さんだ。



なのにドアガールがいたり、まるで高級ホテルのエントランスのよう。店員さんは丁寧な言葉を話し、立ち居振る舞いも優雅だ。


完璧なまでの演出に、自分が巨人になって小人の高級サロンに迷い込んでしまったかのような不思議な感覚に襲われる。

Related article

  • 写真で旅する/モルディブ、極上という名のリゾート(1)
    写真で旅する/モルディブ、極上という名のリゾート(1)
  • メゾンプルミエール at Robbin's|Tokyoスタイルなサラマンジェ
    メゾンプルミエール at Robbin's|Tokyoスタイルなサラマンジェ
  • 最高級フランス産発酵バター「エシレ」世界1号店
    最高級フランス産発酵バター「エシレ」世界1号店
  • 新宿の超高層で堪能する「ジャン ジョルジュ」
    新宿の超高層で堪能する「ジャン ジョルジュ」
  • サロン・デュ・ショコラ-テーマは「オペラ」、日本限定ボックス発売
    サロン・デュ・ショコラ-テーマは「オペラ」、日本限定ボックス発売
  • こねずに簡単、もちもちパンが焼ける「ストウブ」の新定番
    こねずに簡単、もちもちパンが焼ける「ストウブ」の新定番

Prev & Next

Ranking

  • 1
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 2
    深夜までおいしい蕎麦が味わえる店「銀座 真田」
  • 3
    ブルガリ「ソロテンポ」に日本限定エントリーモデル
  • 4
    NY発、デザインコンシャスなコスメ「マリン&ゴッツ」
  • 5
    アレッシイ、2011年春夏コレクション
  • 6
    限定100台、ランボルギーニ「アヴェンタドール・50 アニヴェルサリオ」
  • 7
    太陽王にマカロン、歴史の詰まったサン・ジャン・ド・リュズ
  • 8
    愛車と呼びたくなる新色、リモワの「サルサ レーシンググリーン コレクション」
  • 9
    大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
  • 10
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加