「自由自在」なメニュー。アンダーズ東京「AOスパ」

2014年 8月 22日 08:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

『虎ノ門ヒルズ』に、日本初進出したハイアットブランド「アンダーズ東京」。ヒンディ語で「パーソナルスタイル」を意味する「アンダーズ」は、レセプションデスクのない「アンダーズ ラウンジ」でのパーソナルなおもてなしから始まるゲスト一人一人に合わせたサービスが特徴。

その37階にあるAOも、決まったスパメニューの中から選ぶのではなく、その名も「JIYUJIZAI」つまり「自由自在」というゲストに合わせた完全にカスタマイズされたトリートメントを提供してくれる。

まず、カウンセリングを行うスパ・レセプションは、ブレンドバーとよばれ、目の前に様々なハーブが植えられているのにも驚くが、そのほかにもトリートメントに使用する新鮮なフルーツ、ドライフルーツそしてオイルなどが様々に置かれて、どこか薬房を思わせる雰囲気だ。目の前の材料とソルトを使ったスクラブを石臼で調合してくれるのだ。これらオリジナルのトリートメントプロダクトの他、アンチエイジングに特化したバルセロナ発の「ナチュラビセ Nature Bisse」とお茶の抗酸化作用を生かしたフランスの「テマエ THEMAE」だ。


コンサルテーションの内容も実にユニーク。よくあるように、気になる部位を尋ねるのではなく、好きな季節や場所、気分を聞いてゲストが今、必要とするトリートメントをセラピストと一緒に見いだしていく。2時間の中身は、リラックス、デトックス、アンチエイジングとその目指すところとフェイシャルやボディなど部位を自由自在に組み込でいく。トリートメント中の音楽も、コンサルテーションから最適なものを提案してくれて、安らぎと癒しの時間を過ごすことができる。

Related article

  • 今週末見るべき映画「ローマ環状線 めぐりゆく人生たち」
    今週末見るべき映画「ローマ環状線 めぐりゆく人生たち」
  • ラグジュアリー・バカンス(7) クルーズ後のお泊りならココ! リスボン編
    ラグジュアリー・バカンス(7) クルーズ後のお泊りならココ! リスボン編
  • #番外編|パーク ハイアット 東京、その謎
    #番外編|パーク ハイアット 東京、その謎
  • ルイ・ヴィトン「ダミエ・グラフィット」クール&タフな新作小物
    ルイ・ヴィトン「ダミエ・グラフィット」クール&タフな新作小物
  • SIHH2010レポート:パネライのニューモデルは大豊作
    SIHH2010レポート:パネライのニューモデルは大豊作
  • アジア初、「テラケ」のスパが、沖縄に登場
    アジア初、「テラケ」のスパが、沖縄に登場

Prev & Next

Ranking

  • 1
    浅葉克己ディレクション「祈りの痕跡。」展
  • 2
    世界で注目されるクリエイター集団、ライゾマティクスの展覧会「ライゾマティクス inspired by Perfume」開催
  • 3
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 4
    ステレオのVolumeつまみのようなスピーカー
  • 5
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
  • 6
    今週末見るべき映画「ラスト・ベガス」
  • 7
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 8
    極上のインテリアスタイリング、軽井沢で見れます、買えます。
  • 9
    イソップが描くマラケッシュの街、その香りを旅する
  • 10
    バカラ・アルクール×nendoの魅力を、佐藤 オオキが語る

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加