モーニントン半島で乗馬ワイナリー巡り/オーストラリアを旅する(3)

2014年 9月 3日 12:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

メルボルンから車で1時間30分ほどの場所にあるモーニントン半島は、古くからリゾート地、保養所として親しまれてきた場所。自然が豊かで、ガーデンや名物のいちご畑など美しい風景に目を癒すことができる。温泉まであり、休日を過ごすにはぴったりの場所だ。
そして、近年は優良なワイナリーが多い場所としても有名で、今回は、それらのワイナリーを馬にまたがって巡るというツアーをご紹介したい。

#01.Horseback Winery Tours
モーニントン半島の中心地、Main Ridgeで行われている大人気のツアー。ワイナリー「Frog Hollow Estate」を起点に、3つのワイナリーを巡る。


まず、乗馬をするということで、経験の有無や服装、言葉などを気にする人もいるかもしれない。しかし、心配ご無用。馬はとても穏やかで、ガイドのいうことをよく聞き、突然動き出したりすることもない(特に初心者にはそういった馬を割り当てている)。服装も軽装であればOK。上着や手袋は受付時に好きなものを借りることができる。今のところ日本語を話せるスタッフはいないが、ガイドがかんたんな英語やジェスチャーで優しく指導してくれ、乗っている間は特に話をすることもないので問題なしなのだ。

というわけで、安心して参加していただけるこのツアー。Frog Hollow Estateに集合し、準備を整え、ガイドがひとりひとりに馬を紹介してくれる。乗馬経験によってグループが分けられるので、初心者ならみんなが初心者のグループに入れられ、ひとりひとり台を使って馬にまたがり、基本的な動作をレクチャー。全員がそろったら出発。



馬は本当によく教育されていて、前後にいるガイドのいうことをよく聞いて一列に並び、ゆっくりと歩く。車も通る道を渡るときはきちんと止まり、ガイドの指示に従って安全に渡ることができるのだ。馬に慣れ、独特のリズムに身を任せながらいつもより少し高い位置から周囲を見渡すと、広い牧草地には牛や羊がゆったりと草を食んでいる様子、ぶどう畑、森…いろいろなものが見えてくる。これがライディングツアーの醍醐味なのだ。

Related article

  • 「ペリエ ジュエ」、創業200周年を記念したイベント開催
    「ペリエ ジュエ」、創業200周年を記念したイベント開催
  • 古代から愛されてきた、注目のビューティフード「モリンガ」
    古代から愛されてきた、注目のビューティフード「モリンガ」
  • 飛行機に乗ってまで観に行く価値がある、極上のショーとは
    飛行機に乗ってまで観に行く価値がある、極上のショーとは
  • 「ピエールマルコリーニ・エクレア」販売スタート
    「ピエールマルコリーニ・エクレア」販売スタート
  • 有機ふすまを使った“おいしい”低糖質パン「Fusubon(フスボン)」誕生
    有機ふすまを使った“おいしい”低糖質パン「Fusubon(フスボン)」誕生
  • 進化する<be>伊勢丹新宿店で新メニューを発表
    進化する<be>伊勢丹新宿店で新メニューを発表

Prev & Next

Ranking

  • 1
    秋のデザイン祭り、サテライト会場を厳選ピックアップ!
  • 2
    メディア・アートの歴史から今を読み解く「オープン・スペース」
  • 3
    ヘブンリーベッド、「BALS TOKYO GINZA」で展示販売
  • 4
    伊勢丹新宿店「LOVE COMMUNICATION」レポート
  • 5
    SIHH2010レポート:「ラルフ ローレン」「パルミジャーニ・フルリエ」
  • 6
    いちょう並木にロイヤル・ガーデン・カフェがオープン
  • 7
    世界で活躍するデザイナー、ミラノサローネで夢を語る
  • 8
    ポロシャツどれにする? 「ネイビーポロ」
  • 9
    【過去記事:2007年】柳宗理の展覧会、国立近代美術館で開催
  • 10
    フォトギャラリー:BMW 最新コンセプト

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加