モーニントン半島のレストラン&フードショップ/オーストラリアを旅する(4)

2014年 9月 4日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

モーニントン半島は自然と食材とワインの宝庫。都会では出会えないようなコンセプトで、しかもおいしいレストランやショップに巡り合う。森やぶどう畑の合間でうれしい出会いを果たしたワインレストランとフードショップをご紹介。

#01.Foxeys Hangout

Red Hillにあるワイナリーが営むレストラン。森を抜けてぶどう畑を見渡す立地にあり、こういったコンセプトだと素朴なお店を思い浮かべるかもしれない。それは大間違い。起伏のあるRed Hillの地形を見事に利用したモダンな建築で、店内に入れば、正面は一面のガラス張り。そこから豊かな緑や広いワイン畑を望むことができるように作られている。もちろんそこには他の建物などは一切なく、緑のグラデーションが広がっているだけだ。



そして、もう一方の壁を見ると、一面が黒板のようになっていて、そこにワインの値段の説明と、大きく“本日の料理”が書き出してある。ほとんどが素材名で、料理法などはスタッフに聞くか、お楽しみにしてもいい。種類はそれほど多くないが、ワイン好きのツボを押さえた料理ばかりで、しかもすべてAU$11均一というわかりやすさ。

テーブルとオープンキッチンの隔たりも感じられず、ダイナミックに料理するシェフやスタッフの姿も活気のもとになっているようだ。

料理を少しご紹介。例えば「Atrantic Salmon,miso,mayo」と書かれているのは、サーモンをたたきのようにほんのりと加熱し、味噌とマヨネーズのソースをたらり。「Onion Flitters goatscurd」なら、たまねぎのフリッターにやぎのチーズをまとわせ、カリッとさせている。ファンの多い「Mashroom Sausuge rolls」はきのこの入ったパイ包みのようなものに辛いトマトソースをかけていただく。「BBQ Qual」はもうシンプルにこんがりと焼いたうずら肉。レモンだけきゅっと搾って。


どこまでも余計なものをそぎ落とし、どこまでも直球勝負。自社のワインを楽しんでほしくて考案された料理だからだろうか。ひと品ひと品力強く、洗練されていて、「こんな店が近所にあったら!」と夢想してしまうような愛され店だ。

ちなみにカウンターに集う女子たちはワイン・テイスティング中。レストランはとても混雑しており、テイスティングだけ、購入だけの利用も可能だ。


Foxeys Hangout
795 White Hill Rd. Red Hill,VIC
+61-3-5989-2022
Foxeys Hangout公式サイト

Related article

  • パリ、ギャラリー・ラファイエットのクリスマス
    パリ、ギャラリー・ラファイエットのクリスマス
  • 話題の『ローズベーカリー 銀座』を体験
    話題の『ローズベーカリー 銀座』を体験
  • NYで話題のイタリアンシェフによる、7日間だけの至極の美宴
    NYで話題のイタリアンシェフによる、7日間だけの至極の美宴
  • イタリアの木工家具メーカーがもたらす、秋の幸福
    イタリアの木工家具メーカーがもたらす、秋の幸福
  • 夏の午後は、シャンパン片手に海を眺めながらのアフタヌーンティーを
    夏の午後は、シャンパン片手に海を眺めながらのアフタヌーンティーを
  • 乳発酵製品のニューウェーブを北の街から発信|おいしいMade in Japan#05
    乳発酵製品のニューウェーブを北の街から発信|おいしいMade in Japan#05

Prev & Next

Ranking

  • 1
    エンドレス・ポエトリー 【今週末見るべき映画】
  • 2
    デザインタイド トーキョー現地速報レポート #3 TIDE Marketでお買い物
  • 3
    建築家デイヴィッド・チッパーフィールドによるアレッシィ新作
  • 4
    アートバーゼル42 現地レポート
  • 5
    今週末見るべき映画「ハゲタカ」
  • 6
    「湾生回家」 【今週末見るべき映画】台湾生まれの日本人「湾生」を通じ日台を描く
  • 7
    今週末見るべき映画「カンパニー・メン」
  • 8
    雨の日は会えない、晴れた日は君を想う 【今週末見るべき映画】
  • 9
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 10
    ボルボが放つ新世代コンパクトSUV「V40 クロスカントリー T5 AWD」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加