メルボルンでカフェ巡り/オーストラリアを旅する(5)

2014年 9月 5日 11:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

メルボルンはカフェの街だ。実は、パリよりもカフェの数が多いといわれるほど、小さなカフェが軒を連ね、街の人々に愛されている。オーストラリアのコーヒー文化発祥の地でもあり、子供からお年寄りまで、カフェでひとときを過ごすのが大好き。世界的な大手コーヒーチェーンもほとんどなく、みんなが自分のお気に入りの一店を持っている。メルボルンを訪れたら、カフェ巡りをしてみるのも楽しいだろう。


#01.St.Ali South

なかでも、現在カリスマ的な存在といえるのが、「St.Ali South」。平日でも1日600杯、週末ともなれば1000~1200杯のコーヒーが売れるという超人気店だ。それもそのはず、バリスタのマット・バージャーさん(写真)は4つの世界タイトルを持つ人物。上質なコーヒー豆を求めて世界中を飛び回り、実際に豆や生産地、背景に触れて豆を仕入れる。仕入れた豆はマットさんをはじめとするバリスタたちの高度なテクニックによってローストされて香りを引き出され、エスプレッソやカプチーノ、ドリップコーヒーなどさまざまなスタイルで提供されるのだ。


マットさんの勧めで飲み比べてみると、豆の個性の違いがよくわかり、例えば酸味の強い豆でも、酸味は際立ちながらも「旨い酸味」に。苦味のある豆は、やはり「旨い苦味」になるのがよくわかる。聞けば、このような個性的でおいしいコーヒーを手に入れるために、世界の農園を熟知し、ストーリーを理解し、適切な時期に仕入れることが重要だという。コロンビアには自社農園も持っていて、なみなみならぬ情熱が伺える。


また、店内のインテリアも多くのカフェを牽引しているようだ。もともと救急車が待機する場所だったという倉庫のような建物をポップに改装。朝から晩まで人々が集まり、思い思いに過ごす様子も含め、メルボルンのポップカルチャーを体現しているように見える。オリジナルのワッペンなどグッズもあり、おみやげにもぴったり。


さらに料理にも力を入れており、朝食から甘いもの、夜の小さなおつまみまで、非常に豊富。つまり一日中いつ出掛けても楽しめる場所になっている。
コーヒーだけでなく空間も、料理も。これぞ“今の”メルボルンのカフェ、という空気に包まれたければ、ぜひこちらへ。


St.Ali South
12-18 Yarra Place, South Melbourne,VIC
+61-3-9686-2990
St.Ali South 公式サイト

Related article

  • 熟成肉と加工肉のデリカテッセンが「ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ」から誕生
    熟成肉と加工肉のデリカテッセンが「ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ」から誕生
  • 小鯛焼き/桃林堂 by Tokyo的 男の手土産
    小鯛焼き/桃林堂 by Tokyo的 男の手土産
  • コンラッド東京の睡眠美容宿泊プラン「Sweet Dreams」
    コンラッド東京の睡眠美容宿泊プラン「Sweet Dreams」
  • 絶妙バランスのシュークリーム専門店/パリの絶品スイーツ(4)
    絶妙バランスのシュークリーム専門店/パリの絶品スイーツ(4)
  • トロワグロファミリーの歴史を振り返る、2日間だけの特別ディナーを開催
    トロワグロファミリーの歴史を振り返る、2日間だけの特別ディナーを開催
  • 表参道『GYRE』の魅力的な飲食店
    表参道『GYRE』の魅力的な飲食店

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「恐怖分子」
  • 2
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 3
    #謎2・謎3|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 4
    ユナイテッドアローズで「MARJORAM」期間限定販売会
  • 5
    期間限定販売、SANAAのアームレスチェアに走れ!
  • 6
    今週末見るべき映画「マリリン 7日間の恋」
  • 7
    今を見つめる鮮やかな視点。「路上と観察をめぐる表現史ー考現学以後」
  • 8
    ジャスパー・モリソン デザインのRADO「r5.5」
  • 9
    今週末見るべき映画「イレブン・ミニッツ」
  • 10
    代官山のビューティランドマーク、コスメキッチンの11年目の挑戦

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加