シドニー最新レストラン/オーストラリアを旅する(7)

2014年 9月 9日 12:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

シドニーは絶景の宝庫だ。オーストラリアらしい自然、そして素晴らしい建築物や夜景……。それらを眺めながらオーストラリアならではの美味を楽しむのは、旅の大きな醍醐味だ。自然と夜景、息を飲むほど美しい景色を堪能できる、シドニーっ子にも憧れのレストランをご紹介。


#01.Icebergs Dining Room and Bar

もう、なんといっても海の絶景である。ボンダイビーチにせり出すように作られた建物からは、一面の青い海。ボンダイビーチはシドニーを代表する美しい砂浜で、白砂が弧を描くように1km以上も続いている。ライフセーバー発祥の地としても知られる、昔から人々が憧れるビーチでもある。サーフスポットでもあり、真っ白な砂と紺碧の海にたくさんのサーファーたちが映える。

建物の1階にはボンダイビーチのアクティビティのアイコン的存在のプール「Bondi Icebergs Baths」がある。波が押し寄せて白く砕けて海水が飛び込んでくる“海のプール”だ。


この建物の2階に位置するのがこちらのレストラン。プールの真上にあたり、せり出す窓からは砂浜と海を一望。予約するならひとこと、窓辺の席をリクエストしたいものだ。


さて、こんな贅沢な場所にあり、観光客も多く集まりそうな立地にもかかわらず、このレストランのファンは主に地元の人々。特別な日や、大切な集まりやデートにここを使うという。もちろん、オーストラリア中の人が休暇で訪れるケースも多い(高級な別荘も立ち並ぶエリアなのだ)。

料理は地中海料理を謳っており、中心はイタリアン。パスタやシーフードとよく冷えたワインを合わせて楽しむ人がほとんどだ。食材はもちろん地元のものが中心で、スターターとしておすすめなのがオーストラリアの各地から届くカキ。シドニーでもカキはとれるので、地元の味も楽しめそう(季節による)。小粒な中に味がぎゅっと詰まった、オーストラリアらしい海の味だ。


前菜のえび料理には海藻をたっぷり。オーストラリアは日本と同様に生の海藻をたくさん食べる。種類も豊富で、こちらはまるでえびの海藻サラダ! ほんのり甘いソースで、甘いえびと海藻の相性がさらに高まるようだ。

Related article

  • AVOTON―アボガドオイルで育つ極上豚
    AVOTON―アボガドオイルで育つ極上豚
  • 一ツ星レストラン「チャイナブルー」料理長によるランチセミナー開催
    一ツ星レストラン「チャイナブルー」料理長によるランチセミナー開催
  • 「ビルズ/bills」ハワイ店オープン記念、ワイキキ限定メニュー
    「ビルズ/bills」ハワイ店オープン記念、ワイキキ限定メニュー
  • ポルトガル二ツ星シェフ、ディーター・コッシーナが初来日
    ポルトガル二ツ星シェフ、ディーター・コッシーナが初来日
  • 食のホスピタリティ|ワン&オンリー・リーティラ|モルディブ
    食のホスピタリティ|ワン&オンリー・リーティラ|モルディブ
  • サイズを超えたサウンドを実現、超小型ポータブルスピーカー
    サイズを超えたサウンドを実現、超小型ポータブルスピーカー

Prev & Next

Ranking

  • 1
    香港にビジネス向け新ホテル、 east(イースト)
  • 2
    ドイツからデザイン バス・シャワーシステム
  • 3
    女は二度決断する 【今週末見るべき映画】
  • 4
    【レポート】第三回ヘンタイ美術館、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • 5
    ヴィトラからジョージ・ネルソン幻の時計が発売に
  • 6
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 7
    カンヌ・レポート3:河瀬直美監督凱旋、シネフォンダシオンの平柳敦子監督受賞
  • 8
    E&Yから二俣公一の新作「ハンモック」
  • 9
    シャネルの新たなエレガンス「No19 プードレ」誕生
  • 10
    厳選15ギャラリーによるアートフェア「G-tokyo 2010」開催

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加