ハンターバレーの楽しみ方/オーストラリアを旅する(10)

2014年 9月 12日 11:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンターバレーはオーストラリア中に知られるワイナリー巡りのメッカ。しかし、古くからワイン文化が育った場所だけあり、雰囲気のいいレストランや宿、大自然を利用したレジャーも多く存在する。日帰りではもったいない、せっかく訪れたなら泊まってじっくり楽しみたい場所なのだ。ここではハンターバレーの楽しみ方をどうぞ。

#01.Roberts Circa

ハンターバレーきっての憧れレストランといったらこちら。古い趣きある一軒家を改築し、1876年に創業したお店は、日夜、着飾った常連客やハンターバレーを訪れた食通たちで賑わっている。高齢客も多く、彼らはもう何十年もここに通い、大切な人とロマンティックな時間を過ごしているそうだ。

ほの暗い部屋にキャンドルが灯された真っ白なクロス、暖炉にはたくさんの絵や写真が飾られ歴史を感じさせる。料理はというと、最近アメリカ人シェフがヘッドシェフに就任し、敷地内で作る野菜を使うなどの取り組みにも積極的だ。



突き出しはそんなガーデンキッチンで採れるラディッシュやりんご、フェンネルを使ったジュース。胃がすっきりとし、これから始まる晩餐のために食欲を増進。また、サービス陣も「これはすごいですよ」と賞賛する手づくりバターがパンと一緒に登場するが、本当にすごい。搾りたてのミルクの味がそのまんま、ぎりぎりのやわらかさで作られ、ミルクとバターの中間のような優しい味わいに目を見張る。


名物を、と、お願いすると、最初に供されたのはチーズのスフレ。限界までやわらかく仕上げたチーズのスフレにトリュフがのり、ふるふると繊細で、しかし力強いチーズの味を楽しめるのだ。


前菜の2品目はオーストラリア北部を代表する白身魚「バラマンディ」。皮目をカリッカリに焼き上げ、身はふっくらとやわらかで、そのめりはりが楽しいひと皿。シェフのガーデンから届いたのだろうか、サラダまで元気いっぱいの味わいで魚とともに存在感大。

Related article

  • 「HIGASHIYA」、10周年でGREEN FINGERSとのコラボ菓子
    「HIGASHIYA」、10周年でGREEN FINGERSとのコラボ菓子
  • キッチンは一つの部屋/インテリア・インスピレーション(4)
    キッチンは一つの部屋/インテリア・インスピレーション(4)
  • 新丸ビル ピエール・ガニェールのカフェバー
    新丸ビル ピエール・ガニェールのカフェバー
  • 柳舘功シェフの新レストランで、期間限定のデザートが登場
    柳舘功シェフの新レストランで、期間限定のデザートが登場
  • 「TORAYA CAFE」で寛ぐ新しい朝の時間
    「TORAYA CAFE」で寛ぐ新しい朝の時間
  • オーガニック&ナチュラルがテーマ|表参道に「BEAUTY LIBRARY」誕生
    オーガニック&ナチュラルがテーマ|表参道に「BEAUTY LIBRARY」誕生

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ドイツデザインの巨匠、ディーター・ラムス展
  • 2
    リサ・ラーソンのプロダクトを作り続ける工房を訪問。フランコ氏インタビュー
  • 3
    伊・マセラティ×英・B&W、オーディオ登場
  • 4
    ミラノ、モルティーニ新作 ダークホースはロン・ジラード
  • 5
    IFFTインテリアライフスタイルリビング、11月2日から
  • 6
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 7
    東京・赤坂に新感覚のドーナツショップ「Neyn」
  • 8
    アストンマーティンから2ドア新型スポーツGT「ヴィラージュ」
  • 9
    堂島リバービエンナーレ2011 レポート
  • 10
    エクレアの祭典「FAUCHONエクレアウィーク」、日本初上陸

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加