今週末見るべき映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」

2014年 10月 17日 08:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

かつて、グレース・ケリーの「喝采」や「裏窓」を見たとき、アメリカには、なんて綺麗な女優さんがいるのかと、驚いたものだった。グレース・ケリーが出ているだけで、うっとりとして、スクリーンを見つめていたものだ。やがて、「上流社会」が最後の映画となり、モナコのレーニエ3世に嫁ぐために、ハリウッドを去る。どちらが幸せかどうかは分からないが、もしハリウッドで女優を続けていたら、アメリカの映画の歴史がまた異なるものになっていたことと思う。

映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」(ギャガ配給)は、グレース・ケリーがモナコに嫁いだ後、公妃の立場として、フランスからの課税に対抗、モナコの国難を救おうとした実話に基づく。グレース・ケリーに扮するのはニコール・キッドマンである。芝居も達者だが、演じる人物そっくりに変身する。もちろん特殊メークと思うが、アカデミー賞の主演女優賞を受けた「めぐりあう時間たち」では、扮した作家のヴァージニア・ウルフにそっくりだった。

いやいや、グレース・ケリーが出ているのではないかと思うほど、ニコール・キッドマンは、グレース・ケリーによく似ている。不自然さは皆無。映画には、実在した著名人が多数、登場する。レーニエ3世にティム・ロス、マリア・カラスにパス・ベガ、アリストテレス・オナシスにロバート・リンゼイ、シャルル・ド・ゴールにアンドレ・ペンヴルン、アルフレッド・ヒッチコックにロバート・アシュトン=グリフィス。いずれも、そっくりというほどではないが、その雰囲気が実にうまく出ているのである。キャスティングの妙だろう。

Related article

  • 見果てぬ夢を体験する。トーヨーキッチンスタイル大阪
    見果てぬ夢を体験する。トーヨーキッチンスタイル大阪
  • プジョーの最新コンセプトモデル、プジョーSR1発表
    プジョーの最新コンセプトモデル、プジョーSR1発表
  • アニッシュ・カプーアによる、ブルガリ「B.zero1」
    アニッシュ・カプーアによる、ブルガリ「B.zero1」
  • 「ラデュレ」日本2号店が日本橋三越にオープン
    「ラデュレ」日本2号店が日本橋三越にオープン
  • 今週末見るべき映画Part 2 「アルマジロ」
    今週末見るべき映画Part 2 「アルマジロ」
  • バーバリー表参道、リニューアルオープン&限定品
    バーバリー表参道、リニューアルオープン&限定品

Prev & Next

Ranking

  • 1
    食のセレクトマーケット「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」
  • 2
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 3
    渋谷に本の拠点、SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERS
  • 4
    伊勢丹新宿店でHIROSHI TSUBOUCHIのパターンオーダー会
  • 5
    Volkswagen|移動のクオリティを示す、“Lounge”という新しい記号
  • 6
    仏現代アートの鬼才、ファブリス・イベール
  • 7
    キヤノン、「ミラノサローネ」出展の映像作品エキシビション
  • 8
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 9
    パリの素敵な生活雑貨—メゾン・エ・オブジェ2013秋から
  • 10
    ジャン・コクトーの自邸公開、カルティエを愛した詩人

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加