ル・クルーゼ。この秋冬のテーマは“ワインを楽しむ食卓”

2014年 11月 4日 08:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファッションがシーズンごとに新色を出すように、ここ最近は特に季節ごとのカラーやライフスタイルを提案しているのがフランスのお鍋ル・クルーゼだ。

この秋冬のテーマは「ワイン&テーブル」

ワインはすっかり私たちの食生活に定着している。そこに加えたいのが、ワインにあう食事とそんな雰囲気にあうテーブルウェアやお鍋。

「ヘリテッジ・テリーヌ」はいわゆるパテやテリーヌをつくれるスクエア型のディッシュ。中にはプレス型(うちぶた)がついていて、中の食材をぎゅっと押して、きれいな形をつくれる。フランスの家庭ではパテやテリーヌはホームパーティでは欠かせない料理だが、日本の食材でもアイディア次第でいろいろなものがつくれそう。

ヘリテッジ・テリーヌ(プレス付き) 0.6L 5,000円

「ハイスタンド・ディッシュ」(左奥)は、脚付きのボウルだが、平皿を並べるだけではなく、こういう高さのある食器が一つあるとテーブルに立体感が生まれて、美味しい景色が見える。「サービング・プレート(S)」(右奥)は長方形のお皿だが、チーズや前菜を盛りつけるのにぴったり。サイドにハンドルがついていてトレーのように持てる。お刺身などを盛り付けるのも、意外性があっていいかも?と感じた。そんな想像力をかき立てる。

ハイスタンド・ディッシュ 4,500円 サービング・プレート(S)5,800円

Related article

  • 美食大国マレーシア|二大グルメタウンの自慢料理
    美食大国マレーシア|二大グルメタウンの自慢料理
  • イタリア・フロス新作、ブルレック兄弟の照明はとっても自由
    イタリア・フロス新作、ブルレック兄弟の照明はとっても自由
  • フォトギャラリー:森田恭通のカモフラージュ「ラ・シェーズ」
    フォトギャラリー:森田恭通のカモフラージュ「ラ・シェーズ」
  • 60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(3)
    60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(3)
  • パリの若手No1.職人がプロデュースするパン屋、日本初出店
    パリの若手No1.職人がプロデュースするパン屋、日本初出店
  • cado|ありそうでなかった実力派、モバイル加湿器
    cado|ありそうでなかった実力派、モバイル加湿器

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「世紀末芸術」の旗手、フェルディナント・ホドラー展
  • 2
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 3
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 4
    ジャズ名盤講座第2回「ブルーノート~4000番台編」ビギナー向け15選!マスター向け23選!
  • 5
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 6
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 7
    カッシーナ・イクスシー 青山本店に「カトリーヌ・メミ新コーナー」
  • 8
    冨永愛15周年エキシビション、未来へのメッセージをインタビュー
  • 9
    ホワイトデーにルイ・ヴィトン「モノグラム フラワー」をリクエスト
  • 10
    Interview:BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加