ラトビアから届いた、温もり溢れるギフトをクリスマスに

2014年 11月 12日 08:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

気がつけばもう11月になり、そろそろ一年を締めくくるパーティの誘いも増えてくる頃。そしてクリスマスなどギフトを贈り合うシーズンの到来! そんなギフトシーズンに注目したいのが、ヨーロッパ北東部、バルト海東岸にあるバルト三国のひとつ、ラトビアから届いたさまざまなアイテムだ。11月には伊勢丹新宿店で、12月には日本橋三越本店でポップアップショップが開かれる。

伊勢丹新宿店のポップアップショップイメージ。デザイン&コンセプト: STUDIO WASABI (ラファエルA.バルボア&イルゼ・パクローネ) プロダクション&建設:Studio PHENOMENON (佐野文彦)

とても遠い国イメージがあるかもしれないが、ラトビアの首都リガには、フィンランドのヘルシンキから飛行機でわずか45分。中世の面影が色濃く残る旧市街には、アールヌーボー建築が多数あり、一方で国の大部分は豊かな自然に恵まれ、ユネスコの世界遺産も、リガをはじめ6つもある国だ。近くにある北欧の温もり溢れるテイストと、かつてのソ連時代のノスタルジックなテイストが混じり合い、その感性が現代にいかされているアイテムたちは、今ヨーロッパをはじめ、デザインにこだわりのある都市で大きな注目をあつめている。

美しい古都、リガ。ラトビアはクリスマスツリー発祥の国

今回のポップアップショップでは、それらのラトビアのアイテムより、ファッション、インテリア、食といったものが紹介される。その一部をここでピックアップ!

まずはこのバッグから。筆者も実物をみて、いち早く欲しい!と思ったのがこのバッグだ。ブランド名はその名も「Feltstyle by Iveta Semijonova(フェルトスタイル バイ イヴェタ・セミョーノヴァ)」。100%ウールのフェルトを使用したシンプルなデザインのバッグは、センターにあしらわれたケーブルニットは同じくラトビアのArs Tela(アルステラ)の麻素材がポイントになったデザイン。機能的に使えるようにマグネットで開閉できるように工夫され、オンもオフも使えるようなカラーバリエーションの豊富さも魅力の一部となっている(35,000~69,000円)。

Related article

  • 毎年恒例、ギャラリー・ラファイエット・パリのクリスマス
    毎年恒例、ギャラリー・ラファイエット・パリのクリスマス
  • クラシックそれともモダン? ロンドンのクリスマス
    クラシックそれともモダン? ロンドンのクリスマス
  • 多岐に渡る、魅惑のコレクション/ブレゲ~Breguetに魅せられて(4)
    多岐に渡る、魅惑のコレクション/ブレゲ~Breguetに魅せられて(4)
  • 伊勢丹新宿店 食品フロアが6/13リニューアル
    伊勢丹新宿店 食品フロアが6/13リニューアル
  • フライターグから“スーパースポーツバッグ”登場
    フライターグから“スーパースポーツバッグ”登場
  • 丸の内にゼロハリバートン旗艦店がオープン
    丸の内にゼロハリバートン旗艦店がオープン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネ―トルトーナの日本企業、今年はどうだった?
  • 2
    上海のデザインユニット・ネリー&フーの考える家と街
  • 3
    バッグの黄金比がここに。チセイというフィレンツェ発レーベル
  • 4
    ハンサムな全周ブラックステンレス冷蔵庫
  • 5
    iPadそっくりのノート「Padnote」がバージョンUP
  • 6
    限られた住空間に寛ぎを、安積伸の「Banquette」
  • 7
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 8
    否定と肯定【今週末見るべき映画】
  • 9
    バーバリー表参道、リニューアルオープン&限定品
  • 10
    史上、最も環境に優しいレンジローバー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加