フォルムで遊び心を/インテリア・インスピレーション(2)

2014年 12月 23日 08:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

・サイドテーブルはフォルムを重ねる
今年のミラノサローネで目立ったスタイリングが、サイドテーブルの複数使い。ソファの前にセンターテーブルを置く代りに、高さ、サイズ、形、素材の違うサイドテーブルをいくつか組み合わせて置く、というスタイルだ。その組み合わせのセンスに、住み手のインテリアスタイルが表現される。

たとえば写真はカッシーナのトレイテーブル。商品自体は、すでに発表されているものだが、今年は色や素材の違いを発表。どう組み合わせようか、わくわくするような新作だ。

Torei
Cassina(Italy)


・テーブルはジョイントスタイルで自由に
ダイニングテーブルは一つ。それが当たり前のような気がしていたけれど、この写真を見るとそんな常識も変わってしまいそう。大小を組み合わせたレイアウトは、食後の時間も想像させる。食事の片付けが済んだら、小さいテーブルはアトリエスペースとして使ったり、大きなテーブルではゲームをしたり、一緒に過ごしながら、個々に楽しむ今どきのライフスタイルが伝わってくる。

KARIMOKU NEW STANDARD(japan)

・14角形テーブルで新しい集いの形
テーブルは四角くて足が4本。そんな常識を変えてしまうのがこちら。14角の天板はモダンでユーモラス。2〜4人で親密に囲めるサイズ感は、新しい集いの形を生み出しそう。特殊な技術でパターンがプリントされ、ドットが透けて見えるのは、透き通ったテーブルクロスがかかっているよう。

カラーウッドダイニング
KARIMOKU NEW STANDARD(japan)

Related article

  • キャセイパシフィック航空で行く/モルディブ、極上という名のリゾート(5)
    キャセイパシフィック航空で行く/モルディブ、極上という名のリゾート(5)
  • スウェーデンデザインの巨匠、オーレ・エクセルとは?
    スウェーデンデザインの巨匠、オーレ・エクセルとは?
  • フォトギャラリー:バング&オルフセン「BeoVision 7-55」
    フォトギャラリー:バング&オルフセン「BeoVision 7-55」
  • セレブが集ったマーク ジェイコブス ジャパンのゴージャスな夜
    セレブが集ったマーク ジェイコブス ジャパンのゴージャスな夜
  • 五感で体感する「ロン サカパ」の“Magical”な味わい
    五感で体感する「ロン サカパ」の“Magical”な味わい
  • 2つの顔を持つカッティングボード、「face two face」が誕生
    2つの顔を持つカッティングボード、「face two face」が誕生

Prev & Next

Ranking

  • 1
    チャールズ&レイ・イームズ夫妻の哲学をひもとく「essential EAMES(エッセンシャル・イームズ)」展開催
  • 2
    高木正勝氏インタビュー『おおかみこどもの雨と雪』への想い
  • 3
    フライターグの次世代型リュック「F48 HAZZARD」
  • 4
    伊勢丹リビング「ファンタジードリーム」レポート
  • 5
    新しい1年の始まり。春の訪れとともに、2014年の自分予想を
  • 6
    10月27日銀座le septにて小川隆夫『ビバップ読本 証言で綴るジャズ史』発売記念イベント開催
  • 7
    iida AWARD 2010が発表に、新機種は岩崎一郎氏デザイン
  • 8
    今週末見るべき映画「最終目的地」
  • 9
    「nuri WASARA」が提案する漆の新たな可能性
  • 10
    スペインとイヌイット文化の融合から生まれた天然石ジュエリー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加