フォルムで遊び心を/インテリア・インスピレーション(2)

2014年 12月 23日 08:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

・サイドテーブルはフォルムを重ねる
今年のミラノサローネで目立ったスタイリングが、サイドテーブルの複数使い。ソファの前にセンターテーブルを置く代りに、高さ、サイズ、形、素材の違うサイドテーブルをいくつか組み合わせて置く、というスタイルだ。その組み合わせのセンスに、住み手のインテリアスタイルが表現される。

たとえば写真はカッシーナのトレイテーブル。商品自体は、すでに発表されているものだが、今年は色や素材の違いを発表。どう組み合わせようか、わくわくするような新作だ。

Torei
Cassina(Italy)


・テーブルはジョイントスタイルで自由に
ダイニングテーブルは一つ。それが当たり前のような気がしていたけれど、この写真を見るとそんな常識も変わってしまいそう。大小を組み合わせたレイアウトは、食後の時間も想像させる。食事の片付けが済んだら、小さいテーブルはアトリエスペースとして使ったり、大きなテーブルではゲームをしたり、一緒に過ごしながら、個々に楽しむ今どきのライフスタイルが伝わってくる。

KARIMOKU NEW STANDARD(japan)

・14角形テーブルで新しい集いの形
テーブルは四角くて足が4本。そんな常識を変えてしまうのがこちら。14角の天板はモダンでユーモラス。2〜4人で親密に囲めるサイズ感は、新しい集いの形を生み出しそう。特殊な技術でパターンがプリントされ、ドットが透けて見えるのは、透き通ったテーブルクロスがかかっているよう。

カラーウッドダイニング
KARIMOKU NEW STANDARD(japan)

Related article

  • デザイナー&クリエイターによる生のレクチャー「SoCa 2008」
    デザイナー&クリエイターによる生のレクチャー「SoCa 2008」
  • 静かに愉しめる、セントーサ島ナイトスポット/モダンに進化、シンガポールへエスケープ(5)
    静かに愉しめる、セントーサ島ナイトスポット/モダンに進化、シンガポールへエスケープ(5)
  • ジュエリーデザイナー マルコム・ゲール|反骨精神が織り成すエレガンス|Interview
    ジュエリーデザイナー マルコム・ゲール|反骨精神が織り成すエレガンス|Interview
  • バス&洗面が究極まで突き抜けた―新ブランド「バーニョ」とは?
    バス&洗面が究極まで突き抜けた―新ブランド「バーニョ」とは?
  • カルティエの新作バッグ「マルチェロ ドゥ カルティエ」
    カルティエの新作バッグ「マルチェロ ドゥ カルティエ」
  • 2014年のシュー・オブ・ザ・イヤー、J.S.T.F
    2014年のシュー・オブ・ザ・イヤー、J.S.T.F

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「白夜のタンゴ」
  • 2
    桃スイーツの最高峰。期間限定のスーパーショートケーキが登場
  • 3
    ユニークなものづくり「Tou」の新作
  • 4
    東京デザイナーズウィーク2013が開幕。今年の見どころをレポート
  • 5
    意匠糸メーカーMONDOが提案する、ガラスビーズのネクタイ
  • 6
    ムービー:村上隆ヴェルサイユ個展のメイキング
  • 7
    フォトギャラリー:新世代メルセデスのアートオブジェ
  • 8
    「ポルシェ918スパイダー」初期プロトモデルの公道テストスタート
  • 9
    奇妙な卓球台で遊ぼう|ガブリエル・オロスコ展
  • 10
    見どころ教えます、まもなく開催「デザインタイドトーキョー」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加