100種類の食べる宝石! ブルガリ、イル・チョコラート回顧展開催

2015年 1月 23日 17:15 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐバレンタインデー。特別な日に向けて、“食べる宝石”ともいわれるブルガリのチョコレートを楽しんでみては。ブルガリの銀座タワーでは、「ブルガリ イル・チョコラート回顧展」が開催されている。会場ではパティシエの職人技も見ることができ、チョコレート作りの秘密も明かに。

高級チョコレートは数多くあれど、ブルガリのイル・チョコラートが格別なのは、それがメイド・イン・東京であること。ブルガリ銀座タワー内の工房にて一つ一つ、丁寧にハンドメイドされている。いつでも作り立てのチョコを提供することで、繊細なフレーバーも新鮮なまま味わうことができるのだ。会場では、パティシエのチョコレート作りの作業を窓越しに見ることもできる。そのきめ細かな職人技を見ると、チョコレート・ジェムズの美味しさの秘密がわかるだろう。とくに金箔を一つ一つに飾りつける作業などは、その緻密さに驚いてしまう。まさに“食べる宝石”ならではのスゴ技だ。


今回の展覧会ではズラリ、100種類もの復刻版「チョコレート・ジェムズ」がショーケースに展示される。その美しさは、まるで宝石のようにキラキラと魅惑的。なかでも気になるのは、トリュフ、ポルチーニ、トマト、ゴルゴンゾーラ…etc。イタリアンならではの素材がフレーバーとして用いられたチョコレートたち。その一口は、想像を超えて今までにない奥の深さを感じさせる。スパークリングやワインにも合う。展示には、食文化・チョコレート研究家の小椋三嘉氏がキュレーターとして参加し、ブロッサム、ジャンドゥイヤ(ナッツ類)、イタリア食文化にまつわる食材たち、和、リミテッド チョコレート・ジェムズ&ボックスの5つのカテゴリーに分け紹介されている。

©BVLGARI

©BVLGARI

©BVLGARI

Related article

  • 真っ暗闇で“見える”もの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
    真っ暗闇で“見える”もの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
  • 生まれ変わった「ザ・ギンザ」で“綺麗”を手に入れる
    生まれ変わった「ザ・ギンザ」で“綺麗”を手に入れる
  • 個性美が溢れだす「イヴ・サンローラン」のAWメイク
    個性美が溢れだす「イヴ・サンローラン」のAWメイク
  • 進化したカーボン調ハンドルのゼロハリ新作
    進化したカーボン調ハンドルのゼロハリ新作
  • MINI×前田典子、スペシャルファッションショー
    MINI×前田典子、スペシャルファッションショー
  • スーラの光、マティスの色に見る「新印象派」展
    スーラの光、マティスの色に見る「新印象派」展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    気分はヨーロッパのキッチン? 日立の新しい大型冷蔵庫
  • 2
    今年を締めくくる「IFFTインテリアライフスタイル/リビング」
  • 3
    【動画】仕事帰りもおしゃれな自分を演出。お手軽ヘアアレンジ。
  • 4
    Interview: 音楽プロデューサー・本間昭光氏|泰然自若のジーニアスが放つ才気煥発の極み
  • 5
    ソニア・パークの「ARTS&SCIENCE」、初のメンズが青山に
  • 6
    「キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ」が5周年
  • 7
    フォトギャラリー:日産コンセプトカー「インフィニティ エッセンス」
  • 8
    ハンターバレーのワイナリー&レストラン/オーストラリアを旅する(9)
  • 9
    メルボルンの街並み/オーストラリアを旅する(2)
  • 10
    羽田発の東京みやげ店「Tokyo’s Tokyo」オープン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加