100種類の食べる宝石! ブルガリ、イル・チョコラート回顧展開催

2015年 1月 23日 17:15 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐバレンタインデー。特別な日に向けて、“食べる宝石”ともいわれるブルガリのチョコレートを楽しんでみては。ブルガリの銀座タワーでは、「ブルガリ イル・チョコラート回顧展」が開催されている。会場ではパティシエの職人技も見ることができ、チョコレート作りの秘密も明かに。

高級チョコレートは数多くあれど、ブルガリのイル・チョコラートが格別なのは、それがメイド・イン・東京であること。ブルガリ銀座タワー内の工房にて一つ一つ、丁寧にハンドメイドされている。いつでも作り立てのチョコを提供することで、繊細なフレーバーも新鮮なまま味わうことができるのだ。会場では、パティシエのチョコレート作りの作業を窓越しに見ることもできる。そのきめ細かな職人技を見ると、チョコレート・ジェムズの美味しさの秘密がわかるだろう。とくに金箔を一つ一つに飾りつける作業などは、その緻密さに驚いてしまう。まさに“食べる宝石”ならではのスゴ技だ。


今回の展覧会ではズラリ、100種類もの復刻版「チョコレート・ジェムズ」がショーケースに展示される。その美しさは、まるで宝石のようにキラキラと魅惑的。なかでも気になるのは、トリュフ、ポルチーニ、トマト、ゴルゴンゾーラ…etc。イタリアンならではの素材がフレーバーとして用いられたチョコレートたち。その一口は、想像を超えて今までにない奥の深さを感じさせる。スパークリングやワインにも合う。展示には、食文化・チョコレート研究家の小椋三嘉氏がキュレーターとして参加し、ブロッサム、ジャンドゥイヤ(ナッツ類)、イタリア食文化にまつわる食材たち、和、リミテッド チョコレート・ジェムズ&ボックスの5つのカテゴリーに分け紹介されている。

©BVLGARI

©BVLGARI

©BVLGARI

Related article

  • 世界初、シャネルの香りとコスメ路面店「CHANEL AOYAMA」
    世界初、シャネルの香りとコスメ路面店「CHANEL AOYAMA」
  • Works/デザイン|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(2)
    Works/デザイン|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(2)
  • ブレゲ、その歴史/ブレゲ~Breguetに魅せられて(2)
    ブレゲ、その歴史/ブレゲ~Breguetに魅せられて(2)
  • カルティエ、マニュファクチュールであることの威信
    カルティエ、マニュファクチュールであることの威信
  • 金沢21世紀美術館10周年で、「あじわい」がテーマのユニークな展示
    金沢21世紀美術館10周年で、「あじわい」がテーマのユニークな展示
  • レッドカーペットの定番、ジミー チュウの華奢サンダル
    レッドカーペットの定番、ジミー チュウの華奢サンダル

Prev & Next

Ranking

  • 1
    婚約者の友人 【今週末見るべき映画】
  • 2
    この1冊で堪能する、「大人」のリアルなキッチンインテリア
  • 3
    バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー
  • 4
    4/27より深澤直人ディレクション チョコレート展
  • 5
    カフェ・ソサエティ【今週末見るべき映画】
  • 6
    Vitra新作は「座るためのツール」Chairless
  • 7
    20世紀最強のスイス人デザイナー、マックス・フーバー展
  • 8
    試乗レポート;MINI クロスオーバー
  • 9
    長山智美のムームー日記SP「香港・deTour」編
  • 10
    Patisserie Etienne(パティスリー・エチエンヌ)/女をあげる、sweetなスイーツ(5)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加