天然の黄金色が美しい、奇跡のような植物のジュエリー

2015年 3月 10日 08:05 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

柔らかなスパイラルのモチーフが取り入れられた、黄金のジュエリーを最初に見つけたとき、それがまさか草でできているとは知らず、草でできていることを知った後、さらに黄金色は染めたものではなく、草がもともと持っている色だと教えてもらって驚いた。それがこのカッピンドウラードという草でできているジュエリーだ。

本物のゴールドと見まごうほどの美しい黄金色をしている。草と説明されて、はじめてよくみたらそうだと思うほどである。右に置かれているのが、原材料のカッピンドウラード

原材料となっている草は、ブラジルのセラード地帯にあるトカンチンス州立公園ジャラパォンと、その周辺の湿原にしか自生していないという大変珍しいものである。最初から黄金という訳ではなく、花が咲き終わり、茎が乾燥すると黄金色を帯び始めるのだとか。

昔からその土地では“ジャラパォンの金”と呼ばれ、このカッピンドウラードを使って作られる手工芸品は、いにしえから先住民によって受け継がれてきたもの。年に一度の草の収穫は、必要な分だけを収穫。種はそこに残して置くという。現在は黄金色の特性を生かし、アクセサリーや雑貨にもその範囲を広げている。今回ご紹介するカッピンドウラードのジュエリーはこれらをベースに、日本向けのデザインを開発し、作られている。

広大な湿原に自生するカッピンドウラード

Related article

  • フォトギャラリー:FLOS「soft-architecture」
    フォトギャラリー:FLOS「soft-architecture」
  • フォトギャラリー:「メゾンエルメス×吉岡徳仁」のウィンドウ
    フォトギャラリー:「メゾンエルメス×吉岡徳仁」のウィンドウ
  • モレスキン「ヴォラン ノートブック」シリーズに新色
    モレスキン「ヴォラン ノートブック」シリーズに新色
  • イタリアならではのデザインで、配線をひとまとめ
    イタリアならではのデザインで、配線をひとまとめ
  • ミラノサローネ2010プレビュー、カリム・ラシッドとコーリアン
    ミラノサローネ2010プレビュー、カリム・ラシッドとコーリアン
  • メタフィス新作、ユニークな1人用の電気鍋など
    メタフィス新作、ユニークな1人用の電気鍋など

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ビジネスマンの節電対策!ニットシャツ一枚になる。
  • 2
    さすらいのレコード・コレクター~10セントの宝物【今週末見るべき映画】
  • 3
    美食と暖かなもてなしを味わいに訪れたい。1日1組、京丹後の離れの宿
  • 4
    ミッドセンチュリーモダンなハミルトン「ベンチュラ」限定復刻モデル
  • 5
    東京・有楽町に阪急MEN'S TOKYOがオープン
  • 6
    表参道ヒルズで篠山紀信写真展「KISHIN:BIJIN」
  • 7
    「セイコー ブライツ」ワールドタイムソーラー電波時計の新作
  • 8
    ライカ×ヴィム・ヴェンダースの必見ショートビデオ
  • 9
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 10
    今週末見るべき映画「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加