ひとときも飽きることがない|ワン&オンリー・リーティラ|モルディブ

2015年 6月 11日 08:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

休暇で訪れるモルディブ。やはり、遊びの中心はビーチ! モルディブのビーチ、そして海の美しさは世界随一といわれている。部屋からも眺められるビーチは当然美しいのだけれど、やはり、一度は必ず海の中も覗いてほしい。

ビーチアクティビティの相談はレセプションのすぐ近くにあるダイビングセンターで。カジュアルなシュノーケリングから大掛かりなものまでなんでも相談に乗ってくれるお楽しみの宝庫である。

もっともかんたんに挑戦できるのはシュノーケリングで、マスク・シュノーケル・フィンの3点セットを借りればすぐにでもできる。借りておいて自分のヴィラの前で泳ぐときに使ってもいいし、シュノーケルのためのクルージングツアーに参加するのもおすすめだ。


ダイビングセンターでツアーに申し込んだら、集合時間には再度ダイビングセンターに向かう。自分に合う3点セットを一緒に選んでもらい、出発。ウェットスーツを着る必要もなく、水着でOK。水の中に集中して背中を焼きすぎてしまうことがあるが、それが心配なら水着の上に着る専用のシャツを購入しよう。

クルーザーに乗ったらガイドの説明を受けながらシュノーケリングスポットへ。途中、野生のイルカを見ることもできるかもしれない。イルカが見えるとガイドが教えてくれるので、注目しよう。スポットに到着したら、ガイドの説明(難しいことはなし!)に従って海へドボンと入る。ちょっと怖い場合はライフジャケットを着て入れるので安心。嫌でもプカプカ浮きながら海の中を自由に眺めることができる。


モルディブは環礁なので、海底はほぼ珊瑚である。美しい珊瑚やイソギンチャク、そこで遊ぶ魚たちの美しいこと! 透明度が高いのでどこまでも見渡せる。カラフルな南国の魚たちはかわいらしく、かなりの確率で海亀とも遭遇。海亀は人に慣れていて、自ら近寄ってくることもあり、タッチしても大丈夫。大きなエイが静かにゆらゆらと移動する様子は感動さえ覚えるだろう。海に潜りたくなければ、グラスボートカヌーも無料で借りることができ、海の中を眺めるのにはぴったり。

シュノーケリングは午後に行われ、海の中の時間を存分に楽しんだら、帰りは日が沈む様子を眺めながらまたクルージングで島へと戻る。波に揺られた心地いい疲れと空の色が刻々と変わっていく様子、これもまた贅沢な時間。

Related article

  • 「ピエールマルコリーニ・エクレア」販売スタート
    「ピエールマルコリーニ・エクレア」販売スタート
  • バカラのアイコン「アルクール」誕生170周年記念の特別なグラスセット
    バカラのアイコン「アルクール」誕生170周年記念の特別なグラスセット
  • 旧軽井沢にオーガニックフレンチ「アマンダンリーフ」
    旧軽井沢にオーガニックフレンチ「アマンダンリーフ」
  • 表参道に「カカオサンパカ」初のカフェ併設2号店
    表参道に「カカオサンパカ」初のカフェ併設2号店
  • この冬は、パリでスペシャルショッピングを
    この冬は、パリでスペシャルショッピングを
  • B&Oから、フェミニンカラーのiPhone、iPadスピーカードック
    B&Oから、フェミニンカラーのiPhone、iPadスピーカードック

Prev & Next

Ranking

  • 1
    世田谷通り沿いに、三軒茶屋エリア4拠点となるオブスキュラ「Obscura Mart」オープン
  • 2
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 3
    フォトギャラリー:iida発表会、深澤直人デザイン「PRISMOID」
  • 4
    MoMA Design Storeが初上陸、表参道GYREがオープン
  • 5
    フォトギャラリー:吉岡徳仁デザイン「iida X-RAY」
  • 6
    三宅一生 「REALITY LAB 再生・再創造」展が開幕
  • 7
    フォトギャラリー:FLOS「soft-architecture」
  • 8
    バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー
  • 9
    閉幕迫る「大地の芸術祭2009」北川フラム インタビュー
  • 10
    長山智美のムームー日記SP「おお!イケアのイっケんヤ!」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加