27日からファム@トウキョウ開催、新しい女性像に焦点をあてる

2010年 2月 23日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

27日(土)から4月3日(土)までの約1ヵ月、Femmes@Tokyo(ファム@トウキョウ)が開催される。期間中、日仏女性フォーラム、アートイベント、ヴァイオリンとトークの夕べなど、多彩なイベントが、大手町・丸の内地区で開かれる。 2月28日(日)、3月1日(月)には、「フランス映画特別上映」。フランスを代表する女優カトリーヌ・ドヌーブが来日、映画上映と併せて、カトリーヌ・ドヌーブのトークショーが開かれる。 「女たちの記憶 私は愛する、生きる」と題された映画上映は、カトリーヌ・ドヌーブ主演の新作「隠された日記~母たち、娘たち~」(ジュリー・ロペス=クルヴァル監督)をはじめ、選りすぐりのフランス映画が6本。 新作「隠された日記~母たち、娘たち~」(2月28日 12:45~ カトリーヌ・ドヌーブ、スペシャル・トークショー)は、半世紀、三世代にわたる女性たちの生き方を描く。あとの5本も傑作揃い、さまざまな女性の生き方をめぐって、深く考えさせる、女性必見の映画ばかりである。

「突然炎のごとく」(c)1961 LES FILMS DU CARROSSE「突然炎のごとく」(フランソワ・トリュフオー監督)「歴史は女で作られる」(マックス・オフュルス監督。元「カイエ・デュ・シネマ」編集長、セルジュ・トゥビアナの記念講演)「カミーユ・クローデル」(ブリュノ・ニュィテン監督)「女と男のいる舗道」(ジャン=リュック・ゴダール監督)「昼顔」(ルイス・ブニュエル監督。カトリーヌ・ドヌーブ、スペシャル・トークショー) どれも、すぐれた映画ばかりだが、なかでもおすすめは、フランソワ・トリュフォー監督の「突然炎のごとく」とジャン=リュック・ゴダール監督の「女と男のいる舗道」。どちらも、ヌーヴェル・ヴァーグの傑作として映画史に残る作品である。

Related article

  • 人類遺産 【今週末見るべき映画】
    人類遺産 【今週末見るべき映画】
  • SMOKE デジタルリマスター版 【今週末見るべき映画】
    SMOKE デジタルリマスター版 【今週末見るべき映画】
  • セールスマン 【今週末見るべき映画】
    セールスマン 【今週末見るべき映画】
  • ナチュラルウーマン 【今週末見るべき映画】
    ナチュラルウーマン 【今週末見るべき映画】
  • 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア 【今週末見るべき映画】
    聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア 【今週末見るべき映画】
  • 大ヒット上映中「セックス・アンド・ザ・シティ」
    大ヒット上映中「セックス・アンド・ザ・シティ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 2
    いったいどれが自分? 「“これも自分と認めざるをえない”展」
  • 3
    フランフラン、気鋭のプロダクトデザイナーとコラボ
  • 4
    今週末見るべき映画「パリよ、永遠に」
  • 5
    デンマークから到着、おしゃれ「トイレインテリア」
  • 6
    フォトギャラリー:New NSX
  • 7
    アウトドアリビングのキーワードは、「マテリアルミックス」
  • 8
    小山薫堂プロデュース、日光金谷ホテルのスイート
  • 9
    パリの街角vol.5『入江末男 with シンスケ』
  • 10
    ドイツ・ケルン国際家具見本市が示した、新しい暮らしのトレンドとは?

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加