『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

全米ブーム「読書会」が題材『ジェイン・オースティンの読書会』

2008年 4月 26日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、アメリカ大流行している“読書会”。読書会とは、おいしい食事とワインなどを楽しみながら、本について語り合う会のこと。毎月一回ほどのペースで、お酒や料理をメンバーの自宅に持ち寄るホームパーティーのようなものだが、1冊ずつリーダーが決められ、前もって指定された本を読み込み、さらに自分の意見をきちんと準備していかなければいけないという厳しさもある。しかしメールや携帯小説が主流となる昨今、仲間で集まり、語り合う楽しさや本を読む喜びにハマる人が多く、海外ドラマでも日常的なカルチャーとして描かれているほど。

そんなブームのなか、読書会を開く女性たちを描いた小説が出版され、ニューヨークタイムズの2004年フィクション・ベストセラー・リストにも掲載され、熱烈な賛辞を受けた。その小説、カレン・ジョイ・ファウラー著『ジェイン・オースティンの読書会』を映画化したのが本作だ。

舞台は、カリフォルニア。バーナデット(キャシー・ベイカー)は離婚歴6回。「ジェイン・オースティンは人生の最大の解毒剤」と常々考える彼女が、愛犬の死を悲しむ友人のジョスリン(マリア・ベロ)を励まそうと、オースティンの読書会を企画する。ジェイン・オースティンが好きという共通点で集まったのは、結婚して20数年の夫から突然別れを告げられたシルヴィア(エイミー・ブレネマン)と、恋多きシルヴィアの娘アレグラ(マギー・グレイス)。夫と趣味が合わず、教え子にときめいているフランス語教師のプルーディー(エミリー・ブラント)、そして唯一の男性にして、オースティン初体験の青年グリッグ(ヒュー・ダンシー)。

ひょんなことから集められた6人の男女が、1ヶ月に1冊、6冊のオースティンの長編作品について語り合うことになる。それぞれの家で、時には海辺で、おいしいワインをあけて……。

Related article

  • 28日まで開催中、恵比寿映像祭レポート(1) 「歌をさがして」
    28日まで開催中、恵比寿映像祭レポート(1) 「歌をさがして」
  • エンドレス・ポエトリー 【今週末見るべき映画】
    エンドレス・ポエトリー 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「プロミスト・ランド」
    今週末見るべき映画「プロミスト・ランド」
  • 今週末見るべき映画「映画よ、さようなら」
    今週末見るべき映画「映画よ、さようなら」
  • マンチェスター・バイ・ザ・シー【今週末見るべき映画】
    マンチェスター・バイ・ザ・シー【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「ココ・シャネル」
    今週末見るべき映画「ココ・シャネル」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 2
    若手書家の最新個展、華雪ノ展示『雨日』が開催中
  • 3
    今年最も行くべきエキシビション「the new market」
  • 4
    クルーズ新世紀(1)~船長インタビュー|ダイヤモンド・プリンセスの楽しみ方
  • 5
    今週末見るべき映画「雪の轍(わだち)」
  • 6
    建築家ピーター・マリノに聞く、エルメネジルド ゼニア 新宿店
  • 7
    4週間で肌質を変える美容液、アモーレパシフィック
  • 8
    お家で作る、大人のためのアイスキャンディー
  • 9
    プジョーがブランド創業200周年、記念モデルも
  • 10
    歴代TTシリーズ最強の「アウディTTSクーペ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加