華麗なるインドの美を、輝きに。カルティエ新作ジュエリー

2008年 5月 23日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

カルティエから新しいジュエリーコレクション、「インド ミステリューズ」が発売された。まるでインドのアーティスティックな織物、細密画や、宮殿の装飾を思わせるような、華麗な品格を備えたジュエリーは、現代女性の装いのイメージを一新してくれる力強さがある。 そもそもカルティエとインドの繋がりには、長い歴史がある。1913年、ニューヨーク5番街のブティックで開かれた展示会では、インド美術からインスピレーションを得たジュエリー20作品が発表され、羨望の眼差しで受け入れられ、好評を博したという記録がある。またインドのマハラジャのために、豪華絢爛な装いや類稀なジュエリーを創造してきた。 そんな華やかさを受け継いだ「インド ミステリューズ」の新作。

HP700821 ネックレス(プラチナ×ダイヤモンド) 上のダイヤモンドネックレスは、ペアシェイプカットのダイヤモンドが、胸元で夜露のように揺れて輝く。レースのような繊細さに、ジュエラーのクラフツマンシップを感じさせるハイジュエリー。

N7058100 ペンダント(18Kホワイトゴールド×ダイヤモンド) ¥1,932,000(税込) ミステリアスな美しさを秘めているのは、ロータスの花をモチーフにしたペンダント。幾何学的なデザインで表現されたダイヤモンドのブーケは、つける人の気分やスタイルによって、可憐にも、モダンにも変化して見える。

Related article

  • 「セイコー ブライツ」ワールドタイムソーラー電波時計の新作
    「セイコー ブライツ」ワールドタイムソーラー電波時計の新作
  • 気負わないサスティナブル
    気負わないサスティナブル
  • 今週末見るべき映画「マドモアゼルC ~ファッションに愛されたミューズ~」
    今週末見るべき映画「マドモアゼルC ~ファッションに愛されたミューズ~」
  • 革新的なデザインとモードが交差するファッショニスタのための服
    革新的なデザインとモードが交差するファッショニスタのための服
  • 男の色気迸るパリのファッショニスタ、絶妙スタイルスナップ(3)
    男の色気迸るパリのファッショニスタ、絶妙スタイルスナップ(3)
  • ブルーノート東京が提案、大人仕様のスタンドカフェ「TUNE」誕生
    ブルーノート東京が提案、大人仕様のスタンドカフェ「TUNE」誕生

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「Dearダニー 君へのうた」
  • 2
    今週末見るべき映画「ヴィンセントが教えてくれたこと」
  • 3
    コスチュームデザイナー・ARAKI SHIRO(前篇)|『構築的耽美主義、目指すは世界』|Interview
  • 4
    パリの街角vol.1『モンマルトルの丘で。島田順子、KYOKO親子withシンスケ』
  • 5
    夏の銀座でジャパンカルチャーを楽しむ 『銀座三越 アート&クリエーション』
  • 6
    今週末見るべき映画「イタリアは呼んでいる」
  • 7
    デンマークの家具工房、カール・ハンセン&サンの青山店がオープン
  • 8
    今週末見るべき映画「夏をゆく人々」
  • 9
    今週末見るべき映画「ナイトクローラー」
  • 10
    今週末見るべき映画「わたしに会うまでの1600キロ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加