シャネル2010/11秋冬プレタポルテコレクション

2010年 6月 29日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

代々木体育館に突如として現れた氷山、そして次々と登場するファンタジー・ファーをまとった女性たち。今年も東京で行われたシャネルの2010/11秋冬プレタポルテコレクションは、幻想的なサプライズでゲストたちを魅了した。

パリで行われたショーではスウェーデンから運ばれた30tもの氷の塊をセットに使い話題となったが、東京、代々木体育館のランウェイもまるで北極にトリップしたかのような幻想的な空間が演出されていた。ショーのトップ、白く輝く氷山モチーフのセットから現れたのは、全身ファーをまとったモデル。それはまるでポーラーベアのような愛らしさで、観客たちを一気にファンタジーの世界へと誘いこむ。これから始まるストーリーのナビゲーターである。「私は北国生まれですから、雪が好きです。春夏コレクションではカントリーとファームをテーマとして取り上げましたが、今年の冬の厳しさを思ったとき、次のシーズンは北極への小旅行も悪くないな、と思ったのです」とデザイナーのカール・ラガーフェルド氏は、今回のイメージソースに“北極”を選んだ理由についてコメントしている。 2010/11秋冬プレタポルテコレクションショーで披露されたのは、美しく軽やかなファンタジー・ファールック。使われていたのは、すべてフェイクファーで、カール・ラガーフェルドはこれを遊び心をこめて“ファンタジー・ファー”と命名した。けれどもその艶やかな毛並みや、歩くたびに揺れるファーの柔らかなドレープ感は、リアルファーと見紛うほどの上質さである。

Related article

  • 「HOME 空から見た地球」公開記念、グッチ限定商品
    「HOME 空から見た地球」公開記念、グッチ限定商品
  • 世界最小機械式ムーブメント、ジャガー・ルクルト80周年モデル
    世界最小機械式ムーブメント、ジャガー・ルクルト80周年モデル
  • アニッシュ・カプーアによる、ブルガリ「B.zero1」
    アニッシュ・カプーアによる、ブルガリ「B.zero1」
  • メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • ディオール人気アイテム「サンク クルール」にNEWタイプ
    ディオール人気アイテム「サンク クルール」にNEWタイプ
  • 自然との共生を象徴する、小鳥ロボットPolly。松井龍哉氏インタビュー
    自然との共生を象徴する、小鳥ロボットPolly。松井龍哉氏インタビュー

Prev & Next

Ranking

  • 1
    “マンガ”をテーマに『Tokyo’s Tokyo』2号店
  • 2
    スキンケアブランド「イソップ」の路面店がオープン
  • 3
    オービカ モッツァレラバーで解禁直後のノヴェッロを
  • 4
    ニューヨークで「BMW Guggenheim Lab」はじまる
  • 5
    恵比寿映像祭レポート(2) 都築響一のトンデモ作品
  • 6
    メルボルンのレストラン/オーストラリアを旅する(1)
  • 7
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー エクステンション
  • 8
    オルタナティブ・ジャーニーな世界観に写真の「今」をみる。 ライアン・マッギンレー展
  • 9
    深澤直人のデザインワークショップ展「WITHOUT THOUGHT」
  • 10
    今週末見るべき映画「華麗なるアリバイ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加