五感に触れる香りのアート、シャネル「No5 オー プルミエール」

2008年 11月 24日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

澄んだ音色のように心に響き、透きとおった水彩画のように優しく感じる香り。シャネルの新しいフレグランス「No5 オー プルミエール」には、そんな五感に触れるファンタスティックなアートが表現されている。シャネルの調香師、ジャック ポルジュによる「No5」のみずみずしい解釈が、今までにない魅力を生み出した。

シャネルのアイコンともいえる香り「No5」が生まれたのは1921年。ガブリエル シャネルが、初代専属調香師エルネスト ボーに命じたのは、「誰にも真似のできない、他の何にも似ていない香り。ボーは貴重な南仏産のジャスミンやローズなど80種類の香りの原料に、アルデヒドという合成香料を多量に使用した香りを創り出す。それは、単一の花の香りが主流であった当時の常識を覆すようなまったく新しい香りだった。 「オー プルミエール」では、その清らかな香りがさらに際立って感じられる。トップノートではアルデヒドとコモロ諸島のイランイランがフレッシュに香り、時間が経つほどにグラース産ジャスミン、ローズ ドゥ メ(五月のバラ)が華やかに、ふくらむように包み込む。この2つの香りは、「No5」の優雅さを思い出させる。そしてラストノートはブルボン産ヴェチヴァー、ブルボン産ヴァニラが甘い余韻を残している。 「女性そのものを感じさせる、女性のための香りを」とは、ガブリエル シャネルの言葉。新しい香り、「No5 オー プルミエール」にも、シャネルの思いがこめられている。またシャネルのWebサイトでは、香りを音楽で表現したスペシャルサイトも公開されている。まずは耳から、香りを体験することもできる。CHANEL - Eau Premiereお問い合わせ:シャネル カスタマー・ケア・センター tel.0120-52-5519取材/東ミチヨ

Related article

  • ポール・スミス コレクション、“装うためのモダニズム”
    ポール・スミス コレクション、“装うためのモダニズム”
  • バーゼルワールド 2011が開幕
    バーゼルワールド 2011が開幕
  • ダイヤモンドの鍵盤でジャズを。ピアジェの新作
    ダイヤモンドの鍵盤でジャズを。ピアジェの新作
  • 新型ポロ、「コンパクト」を超えたデザインと走りのDNA
    新型ポロ、「コンパクト」を超えたデザインと走りのDNA
  • 伝説の「バラクータ」70周年記念モデル
    伝説の「バラクータ」70周年記念モデル
  • カール ラガーフェルドによる新作ムービー「The Return」
    カール ラガーフェルドによる新作ムービー「The Return」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展2010、現地レポート
  • 2
    30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」
  • 3
    木の名作椅子「HIROSHIMA」が生まれる現場を訪ねる。 マルニ木工・本社工場レポート
  • 4
    Wホテル台北 開業1周年はバレンタインデー、ホットでセレブなステイを約束するキャンペーン
  • 5
    Rhizomatiks Architecture×Salyu 1000人だけが体験できる1夜限りのシークレットイベント 『日田の山と川と光と音』 平成30年10月27日(土)
  • 6
    写真との幸福で理想的な関係。「梅佳代展 UMEKAYO」
  • 7
    葉山にデザインホテル、SCAPESがオープン
  • 8
    長山智美のムームー日記SP「おお!イケアのイっケんヤ!」
  • 9
    フォルクスワーゲン・ザ・ビートルの新バリエーション「ザ・ビートル カブリオレ」
  • 10
    ザ・コンランショップの「買いやすい」新アイテム

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加