トレンドは包み込み系 リーン・ロゼ新作

2007年 5月 6日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいのステイタスシンボルであり、リビングの顔だったソファに「いやし」のデザインが求められている。 どっしりと威圧感を放つタイプより、日本の家具ショップの店頭でも増えてきているのが、座面が低く床座感覚の「フロア系」と、バックが高く座る人をふんわりと支える「包み込み系」。

【MOEL 2 SEATER W167cm/¥682,500】 その包み込む系を代表するような新作がMOEL(モエル)。フランス、リーン・ロゼ社のからの新着商品だ。やわらかく丸いカーブで座る人を包むような背は「花の冠」をモチーフにしていて、ファスナーもデザインの一部となっている。ファスナーがあるところからわかるとおり、この複雑な形状ながらカバーリングソファで、背と座面を違う生地や皮革で張ることもできる。色の組み合わせでよりモダンで個性的な装いもできそうだ。

【MOEL ARM CHAIR W115cm/¥472,500】 手がけたのは若手フランス人デザイナーのインガー・センペーで、マーク・ニューソン、アンドレ・プットマンの事務所を経て独立した注目株。新作からわかるように、細かいステッチングというこれまでのリーン・ロゼ社のスタイルを継承しながらも、今までなかったフェミニンなデザインが新鮮だ。 リーン・ロゼ社は名作ソファと称される、Togo(トーゴ)が有名。「蜂の腹」を模して、張り地とウレタンを細かく圧縮したようなフォルムは、包み込み系ソファの原点ともいえる。その後も細かいステッチと張りの技術、ウレタンの独特の成型法で、他にはないフォルムのソファを次々と送り出してきた。

Related article

  • イタリア・フロス新作、ブルレック兄弟の照明はとっても自由
    イタリア・フロス新作、ブルレック兄弟の照明はとっても自由
  • 名古屋の
    名古屋の"天空の城"、トーヨーキッチンスタイル本社がリニューアル
  • ミナ ペルホネンとマルニ木工|時を経て変化を生む椅子
    ミナ ペルホネンとマルニ木工|時を経て変化を生む椅子
  • 床から家具まで。シャビーシックなインテリアに
    床から家具まで。シャビーシックなインテリアに
  • グッドデザインエキスポ2009を最速プレビュー
    グッドデザインエキスポ2009を最速プレビュー
  • ミラノのステイショナリーブランドNAVAから深澤直人デザイン
    ミラノのステイショナリーブランドNAVAから深澤直人デザイン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    史上最もパワフルなCクラス
  • 2
    写真で見る、MacBook Pro Retinaディスプレイモデル
  • 3
    トロワグロファミリーの歴史を振り返る、2日間だけの特別ディナーを開催
  • 4
    ジャズ名盤講座第20回「ワーナー・ブラザーズ編」
  • 5
    小沢剛と高木正勝が見た、アフリカの姿。
  • 6
    ハワイが育てる、新進ファッションデザイナー達
  • 7
    長山智美のムームー日記SP「おお!イケアのイっケんヤ!」
  • 8
    今週末見るべき映画「美しすぎる母」
  • 9
    颯爽美人のエア パンプス、コール ハーンのスプリングフェアで探したい
  • 10
    ±0 青山本店が5周年、新製品発表

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加