アンジェリーナ・ジョリー、人生を変えたカンボジアの旅

2011年 7月 6日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎回、ドラマチックなストーリーで話題のルイ・ヴィトンのコア・ヴァリュー広告キャンペーン。今回は女性たちに人気のアンジェリーナ・ジョリーが登場、人生の転機となったカンボジアの旅を、美しく印象的なイメージで紹介している。ビジュアルだけでなく、ルイ・ヴィトン専用サイトではショートムービーも見ることができる、今回のアンジェリーナ・ジョリーのコア・ヴァリュー広告。「たったひとつの旅が、ある人の生きる道を変える」というコピーが、彼女のこれまでの生き方を物語っているようで思わず胸が熱くなる。一見、モネの絵画のような印象的な色彩の水辺も、その美しさの裏には、カンボジアの現実や、それに対するアンジーの情熱が隠れていることを思い出させる。

©LOUIS VUITTONアンジーが初めてカンボジアを訪れたのは、2000年。映画『トゥームレイダー』の撮影で訪れたのがきっかけだった。しかし豊かな自然に恵まれたカンボジアは、一方では今も地雷によって多くの子供たちが被害を受け、NGOなどにより地雷撤去活動が行なわれている。アンジーはUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の親善大使として、地雷の危険性を伝えるためにカンボジアを再び訪れたほか、積極的な人道支援や環境保護活動を続けてきた。これを称え、2005年にはカンボジア国王からカンボジア市民権を授与されている。またプライベートでは、長男のマドックス君をカンボジア孤児院から養子に迎えるなど、カンボジアとの関わりも強い。人気女優としてだけでなく、さまざまな社会貢献活動でも注目される、アンジェリーナ・ジョリー。そんな彼女の生き方は、いまという時代だからこそ、大いに共感できるところがあるはず。今回の撮影が行われたのは、シェムリアップ州の美しい水辺。スチール写真では、ボートの上で佇むアンジーの傍らに、旅のカバン、彼女が長年愛用しているルイ・ヴィトンの「カバ・アルト」がさり気なく置かれている。ルイ・ヴィトン専用サイトで現在公開中のティーザーでは、生い茂る緑や、水車、まぶしい日差し、子供たちの笑い声などが回想シーンのように登場し、アンジーの表情がクローズアップされる。フルバージョンは、7月中旬に更新予定だ。旅の女性フォトグラファー、アニー・リボヴィッツが捉えた、ファンタスティックな映像とともに、彼女の心の旅をのぞいてみては。お問い合わせ:ルイ・ヴィトン カスタマーサービスセンター tel. 03-3478-2100ルイ・ヴィトン コア・ヴァリュー広告専用サイト取材/東ミチヨ

Related article

  • わたしたちに見えている世界はわずか4%にすぎない 森万里子「Infinite Renew (無限の再生)」が開催中
    わたしたちに見えている世界はわずか4%にすぎない 森万里子「Infinite Renew (無限の再生)」が開催中
  • 表参道に新たなアートスポット、「エスパス ルイ・ヴィトン東京」
    表参道に新たなアートスポット、「エスパス ルイ・ヴィトン東京」
  • 世界を旅する男の世界観を味わう、ルイ・ヴィトン 阪急メンズ店
    世界を旅する男の世界観を味わう、ルイ・ヴィトン 阪急メンズ店
  • ルイ・ヴィトン「ダミエ・グラフィット」クール&タフな新作小物
    ルイ・ヴィトン「ダミエ・グラフィット」クール&タフな新作小物
  • ミッドランドスクエアのルイ・ヴィトン、ディオール オム
    ミッドランドスクエアのルイ・ヴィトン、ディオール オム
  • 月面着陸40周年、ルイ・ヴィトンと宇宙飛行士の新たな「旅」とは?
    月面着陸40周年、ルイ・ヴィトンと宇宙飛行士の新たな「旅」とは?

Prev & Next

Ranking

  • 1
    和紙デザイナー佐藤友佳理、「呼吸する和紙」で伝統に革新を
  • 2
    永遠のCM修行僧、中島信也の絵コンテ集
  • 3
    あたらしいサイネージを。「インタラクティブ・クリエーション・キャンプ」成果発表展
  • 4
    ハンカチがアートになる日。「トーキョーハンカチライフ」
  • 5
    「Murakami - Ego」フクヘン現地レポート(後編)
  • 6
    原美術館「ジム・ランビー:アンノウン・プレジャーズ」展
  • 7
    ミラノサローネ2010、パトリシア・ウルキオラ新作
  • 8
    葉山にデザインホテル、SCAPESがオープン
  • 9
    今週末見るべき映画「裏切りの戦場 葬られた誓い」
  • 10
    聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア 【今週末見るべき映画】

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加