モダントラッドと建築家の家具―2つのデザイナーズチェア

2011年 7月 15日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の家具ブランドの中では、デザインとセンスで、独自の路線をゆくタイムアンドスタイル。一生ものになりそうな、デザイナーズチェアの新作がこの夏、発表になった。特に女性のインテリアにも似合いそうなのが、この「ヴィレッジ」チェアだ。

ヴィレッジチェア ¥47,250これは英国のウィンザーチェアに着想を得て、と言えば、17世紀後半の英国で誕生し、日常で使われてきたチェア。弧を描く背とスポークが端正でトラッド。この構造体を、モダンにアレンジし、最小限の部材でつくったというのがこのヴィンテージ風でもシンプルモダンでも、どんなインテリアにも似合うプロポーション。赤、青、黄色など、ビビッドな原色がある意味、新鮮。一脚でも空間に華やかな存在感が出そう。チェアより手軽なスツールも登場。実用的で頑丈。ちょっとタフな、ファクトリーツール的な発想でつくられている。キッチンやメイクスペースの脇、テラスなど、心置きなく使えそう。何色かをそろえて並べても楽しそう。このヴィレッジシリーズ、デザインを担当したのは、プロダクトからグラフィックまで手がける、「ドリルデザイン」。

ヴィレッジスツール ¥26,250

Related article

  • イタリアの名デザインが伊勢丹新宿店に集合
    イタリアの名デザインが伊勢丹新宿店に集合
  • フレームのないオフィスチェア「セイルチェア」
    フレームのないオフィスチェア「セイルチェア」
  • まずは王道ブランドから/ミラノデザインウィーク2014。極上のデザインを探しに(2)
    まずは王道ブランドから/ミラノデザインウィーク2014。極上のデザインを探しに(2)
  • 今週末開催|みんなで描くまちの未来「Future Catalysts PLATZ vol.1」
    今週末開催|みんなで描くまちの未来「Future Catalysts PLATZ vol.1」
  • 新鮮なグラフィックデザインで「壁を装う」
    新鮮なグラフィックデザインで「壁を装う」
  • ミラノサローネ、小さな主役は美しい小物たち
    ミラノサローネ、小さな主役は美しい小物たち

Prev & Next

Ranking

  • 1
    Interview:「イロイロ ぬくもりの記憶」アンソニー・チェン監督
  • 2
    シワが気になる成熟肌のための、クリニーク新生セラムファンデーション
  • 3
    第17回東京フィルメックス(2016) 見どころは キム・ギドク監督最新作も
  • 4
    レスリー・キー初めての写真展、27日まで
  • 5
    「ホテルオークラ東京」 大人のスイートバレンタイン
  • 6
    オープニングセレモニー、渋谷から表参道へお引越し
  • 7
    今週末見るべき映画「コマンダンテ」
  • 8
    想像力で地球の中心へ、鴻池朋子展
  • 9
    日本屈指の職人が一堂に会した、注文しなくてもいいビスポーク展
  • 10
    第一線で活躍するフォトグラファーたちがロモで撮影

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加