ドイツの収納家具で、暮らしをデザインする

2011年 8月 29日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターリュプケは、デザインの効いた収納家具のブランドとして世界的に知られるドイツの会社だ。ドイツらしい緻密なモジュール。中は機能的な収納を組み合わせられ、建築と一体化する。女性なら機能的で美しいワードローブはいつかは手に入れたい、あこがれの家具のひとつだろう。

studimo インターリュプケを代表するシリーズ日本でもリビング・モティーフなど、有名デザインショップで販売されている。2011年新作を含め「algo」に特化したフェアを、9月8日から10月23日まで、同店の2階で開催する。

ドイツの収納家具というのは、たんなる「モノ入れ」ではない。ベッドやソファ、テーブルと組み合わせて、一つの部屋を作ってしまう。そんな位置づけだ。中でもアルゴは組み合わせの小回りが効き、値段も求めやすく、日本でもマンションなどの限られた空間にても適している。たとえばこの組み合わせは、背の低い収納キャビネットがゆるく空間を仕切りながら、手前はダイニング、奥はリビングという間取りをつくっている。テーブル、収納、テレビボードの家具が統一されているので、一体感が生まれる。

写真テーブルとリビング テーブル¥313,950、キャビネット(中央)¥843,150、TV ボード¥423,150

Related article

  • よく見るあのカフェの椅子…125年前に生まれたモデルの最新系とは?
    よく見るあのカフェの椅子…125年前に生まれたモデルの最新系とは?
  • ライフスタイルショップの今とこれから
    ライフスタイルショップの今とこれから
  • 世代を超えて愛されるRoyal Furniture Collectionの「普遍的な椅子」
    世代を超えて愛されるRoyal Furniture Collectionの「普遍的な椅子」
  • ソウルで吉岡徳仁個展「Tokujin Yoshioka_SPECTRUM」
    ソウルで吉岡徳仁個展「Tokujin Yoshioka_SPECTRUM」
  • 深澤直人×アレッシィ「柴犬」のような鍋
    深澤直人×アレッシィ「柴犬」のような鍋
  • 世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトイメージングエキスポ2007
  • 2
    レイングッズだから楽しめるド派手カラーの雨の日アイテム
  • 3
    今週末見るべき映画「1001グラム ハカリしれない愛のこと」
  • 4
    ドワネルさんがおすすめする、夏のさわやかワイン
  • 5
    ドイツのデザイン家電が100台!ミーレのショールームが目黒に
  • 6
    大人の炭酸で乾杯したい「トゥモローランド」
  • 7
    シュールに歪んだデビアス銀座が3/20オープン
  • 8
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 9
    中島かずき氏インタビュー|どんなときでも、とりあえず手を動かす
  • 10
    2018年12月15日~2019年2月2日(土)Ahn Jun「One Life」展 CASE TOKYO

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加