北欧の自然に恋した、フィンランドの食器たち

2011年 9月 29日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

フィンランドの陶器・イッタラは、日本でももっとも人気のある北欧食器。今年の秋冬にむけた新作が発表になった。イッタラは1881年創業、アルヴァ・アアルトの花器や、カイ・フランクの食器など世界的なスタンダードを生み出した企業だ。北欧インテリアのファンならおなじみ。新柄の「コレント」は、トンボや花を、赤とエメラルドグリーンが印象的なカラートーンで表現したもの。デザイナーはクラウス・ハーパニエミ。森の中でトンボが舞う様子を独特のタッチで描いた。男性のデザイナーだが、北欧の短い夏に恋したかのような、甘くせつない雰囲気がたまらない。

プレート ¥3,150もちろんこの柄物の食器は、イッタラの定番「ティーマ」との相性もいい。このカイ・フランクによるシンプルなフォルムの食器。特にテラコッタやターコイズカラーが映える。

ボウル ¥3,150

Related article

  • ミラノでのお披露目「ジャパンクリエイティブ」ついに発動
    ミラノでのお披露目「ジャパンクリエイティブ」ついに発動
  • 「Sharpie」に高級感溢れる、ステンレス・バージョン登場
    「Sharpie」に高級感溢れる、ステンレス・バージョン登場
  • まさに行く価値のある、デザインショッピング 28日から
    まさに行く価値のある、デザインショッピング 28日から
  • ミラノサローネ2010プレビュー、アルテック75周年
    ミラノサローネ2010プレビュー、アルテック75周年
  • ビブリオファイル Cruising 2月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 2月のおすすめ
  • イタリア・フロス新作、ブルレック兄弟の照明はとっても自由
    イタリア・フロス新作、ブルレック兄弟の照明はとっても自由

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:新型iPad・Apple TV、日本でも公開
  • 2
    「湾生回家」 【今週末見るべき映画】台湾生まれの日本人「湾生」を通じ日台を描く
  • 3
    Go East! #01:上野のミュージアムショップにエクステンション?
  • 4
    CLASKA Gallery & Shop
  • 5
    2×4日本初の展覧会「IT IS WHAT IT IS」
  • 6
    ビブリオファイル Cruising 2月のおすすめ
  • 7
    カッシーナ初のアウトドアコレクション
  • 8
    フォトギャラリー:「F1 疾走するデザイン」展
  • 9
    世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
  • 10
    開館記念展11日まで、アキバの新しい顔「3331 Arts Chiyoda」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加