ON&OFF、二つの顔をもつゴルフ カブリオレ試乗レポート

2011年 11月 2日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

この秋デビューした新型「ゴルフ カブリオレ」に試乗してみた。女性たちの感性をくすぐるスタイリング、そしてリアルな日常の走り心地を体感するため、お台場から銀座へ。そんな気軽な東京クルーズで実感したのは、今までのゴルフとは違うエレガントさ。そして電動ソフトトップがもたらす、二つの顔の小気味よさ。街で感じる、リアルな楽しさをレポート。カブリオレの醍醐味といえば、やっぱり“風を感じる”爽快感。本当ならリゾート地へ足を伸ばして爽快感をたっぷり味わってみたいところだが、都会に暮らしているとなかなかそんな時間も作れなかったりするもの。けれども都会でもリゾート気分が味わえてしまうのが、ゴルフ カブリオレの魅力だ。

お台場へとレインボーブリッジを駆け抜けるとき、ゴルフならではの1.4L TSIエンジンが、軽快な走りで気分をアップさせる。ソフトトップをオープンにして走ると、視界も一気に開けて、東京湾の風景もいっそうパノラミックに感じられる。景色を眺めながらゆったり走ると、吹き抜ける風も心地よい。薄曇りの天気だったこの日、レインボーブリッジを降りるとタイミングよく小雨が降ってきた。ルーフを閉じなければ! と焦りつつ、信号待ちでスイッチをON。スイッチ一つでスピーディに開閉できるというゴルフ カブリオレの実力は、こんなとき頼りになる。閉じるのに11秒のフルオート電動ソフトトップは、信号待ちのわずかな合間に素早くオープンからクローズへと変身。信号が青になる前には準備OK、という余裕の構えだ。

Related article

  • 腕に光る釘。モダンアートなカルティエ新作「ジュスト アン クル」
    腕に光る釘。モダンアートなカルティエ新作「ジュスト アン クル」
  • クラフトビールの新しい楽しみ方、スプリングバレーブルワリー
    クラフトビールの新しい楽しみ方、スプリングバレーブルワリー
  • ブルガリ「ソロテンポ」に日本限定エントリーモデル
    ブルガリ「ソロテンポ」に日本限定エントリーモデル
  • アルフレッド ダンヒル 銀座本店でバレンタインキャンペーン
    アルフレッド ダンヒル 銀座本店でバレンタインキャンペーン
  • エレガントな革新ウォッチ、セイコーのソーラー電波クロノグラフ
    エレガントな革新ウォッチ、セイコーのソーラー電波クロノグラフ
  • ブルガリB.zero1、セラミックの新作ジュエリー。バレンタインギフトにも
    ブルガリB.zero1、セラミックの新作ジュエリー。バレンタインギフトにも

Prev & Next

Ranking

  • 1
    史上最もパワフルなCクラス
  • 2
    写真で見る、MacBook Pro Retinaディスプレイモデル
  • 3
    カッシーナのミラノ、今年のスターデザイナーはルカ・ニケット
  • 4
    初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
  • 5
    村上隆の花柄小皿付き「カーサ5月号」発売中
  • 6
    アートとデザインを横断、SPACE FOR YOUR FUTURE
  • 7
    デザイナー長浦ちえ氏が語る、「水引」の魅力
  • 8
    「もの派」菅木志雄の個展|東京都現代美術館
  • 9
    シャトー・ムートン・ロスシルド2007年ラベルが発表
  • 10
    いざというときにも心強いインテリア照明「エネループランプ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加