『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

50年後の自分とは?「やなぎみわ マイ・グランドマザーズ」

2009年 3月 11日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

「やなぎみわ マイ・グランドマザーズ」が、東京・恵比寿の東京都写真美術館で開催中だ。やなぎみわは、2009年6月から行われる「第53回ヴェネツィア・ヴィエンナーレ」の日本館代表作家としての参加も決まっており、今いちばん注目すべきアーティストである。 彼女が「マイ・グランドマザーズ」のシリーズを初めて発表したのは2000年。このシリーズは公募したモデル自身に「50年後の自分=グランドマザー」を想像してもらい、それを具現するというものである。モデル自身の強烈なヴィジョンを元に、対話を重ねていきながら撮影に臨むため、やなぎ自身の内なるイメージの世界を突き詰めて表現した他の作品群とは、少々性質が異なるものとなっている。

『My Grandmothers/YUKA』 2000年 作家蔵 会場には、実にさまざまな「50年後」が繰り広げられる。老いにあらがうかのようにアクティブに行動するグランマ、愚かな若さを叱咤するグランマ、静かに自分の人生を振り返りながら死を待ちのぞむグランマ… そのひとり一人が、抜群の構成力と美しさを持った一枚の写真の中で、いきいきと描かれる。近未来SF的な展開を感じさせるものやファンタジーの世界に紛れ込んだものなど、内容も設定もさまざまだが、特殊なメーキャップとCGで構成された虚構の作品であるはずなのに、あたかもそこには50年の年輪があるかのような圧倒的な説得力を持つ。それぞれの作品には「50年後の自分」による詩的なモノローグが添えられていて、これもイメージを膨らませる重要な役割を担っている。

『My Grandmothers/MITSUE』 2009年 作家蔵

Related article

  • 世界のフォト・トップギャラリーが増上寺に集結「TOKYO PHOTO 2013」
    世界のフォト・トップギャラリーが増上寺に集結「TOKYO PHOTO 2013」
  • フォトギャラリー:「オルセー美術館展2010」の舞台裏(1)
    フォトギャラリー:「オルセー美術館展2010」の舞台裏(1)
  • ブルガリ「B.zero1」のアニッシュ・カプーア バージョン
    ブルガリ「B.zero1」のアニッシュ・カプーア バージョン
  • 今週末見るべき映画「タイピスト!」
    今週末見るべき映画「タイピスト!」
  • ビブリオファイル Cruising 5月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 5月のおすすめ
  • 浅草橋からベルギーの新しいライフスタイル
    浅草橋からベルギーの新しいライフスタイル

Prev & Next

Ranking

  • 1
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 2
    若手書家の最新個展、華雪ノ展示『雨日』が開催中
  • 3
    ミラノサローネ2010プレビュー、カッシーナはフランコ・アルビニ復刻
  • 4
    ミラノサローネ2010、トピックス総まとめ「世界編」
  • 5
    今年最も行くべきエキシビション「the new market」
  • 6
    クルーズ新世紀(1)~船長インタビュー|ダイヤモンド・プリンセスの楽しみ方
  • 7
    今週末見るべき映画「雪の轍(わだち)」
  • 8
    建築家ピーター・マリノに聞く、エルメネジルド ゼニア 新宿店
  • 9
    4週間で肌質を変える美容液、アモーレパシフィック
  • 10
    お家で作る、大人のためのアイスキャンディー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加