『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

太陽王にマカロン、歴史の詰まったサン・ジャン・ド・リュズ

2012年 3月 11日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

サン・ジャン・ド・リュズはフランス南西部、バスク地方の町。スペインとの国境をなすピレネー山脈のふもとに位置し、海岸からは大西洋とスペインの陸地が望める小さな港町だが、太陽王ルイ14世がスペイン王女、マリー・テレーズと婚礼を挙げたフランス史上重要な地だ。そして人気のスイーツ、マカロンが王家の結婚の引き出物として作られたことから、「フランス・マカロンの発祥の地」とも言われているのだ。ルイ14世とマリー・テレーズが婚礼を挙げたのは1660年、町でも由緒のあるサン・ジャン・バティスト教会でのこと。この教会、外観はゴシック建築だが、内装は「バスク様式」と言われる、この地方独特の木製バルコニーが設えられている。

三層からなるこのバルコニーはバスク様式の教会のなかでも特に見事なもの。荘厳さに木の温もりが加わり、ほっとするような優しさが感じられる。日曜の朝に訪れればバスク語の賛美歌が聞けるので、覗いてみてはどうだろう。町に出てみると教会通りからルイ14世広場に向かう通りにはマカロンやスイーツの店が並ぶ。そのひとつ「アダム(Adam)」は王家の引き出物のレシピを今に引き継ぐ店。

Related article

  • ラデュレが提案する2010年バレンタイン
    ラデュレが提案する2010年バレンタイン
  • 銀座メゾンエルメスにて開催「コンダンサシオン」展
    銀座メゾンエルメスにて開催「コンダンサシオン」展
  • プジョー207シリーズにワゴンモデルの「207SW」
    プジョー207シリーズにワゴンモデルの「207SW」
  • ベージュアラン・デュカス東京に「SAKURA」マカロン
    ベージュアラン・デュカス東京に「SAKURA」マカロン
  • カルチャーと人生を考える、『タイピスト!meets PASS THE BATON』
    カルチャーと人生を考える、『タイピスト!meets PASS THE BATON』
  • サロン・デュ・ショコラ-テーマは「オペラ」、日本限定ボックス発売
    サロン・デュ・ショコラ-テーマは「オペラ」、日本限定ボックス発売

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ドゥ・ラ・メールからボディクリーム誕生
  • 2
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 3
    イタリア、パオラ・レンティが日本本格デビュー
  • 4
    原宿・明治通りに「ゴディバ ショコイスト原宿」オープン
  • 5
    バレエの絵画と言えばドガ。それはオペラ座で競い合う踊り子達
  • 6
    「セイコー ブライツ」ワールドタイムソーラー電波時計の新作
  • 7
    ドイツの現代美術家、レベッカ・ホルンの日本初個展
  • 8
    今週末見るべき映画「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」
  • 9
    まばゆい「光の彫刻」に酔い知れる
  • 10
    HOTEL CLASKAで「ヒント日 展 見えない視線」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加