スコティッシュ_スタイルに息づく2人のクイーン

2013年 2月 6日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラフ(装飾的なひだ襟)や大きなパフスリーブなど、16世紀風のエッセンスを巧みに取り入れ異素材で表現したドレス。立体感のあるエンブロイダリーツイードはもちろん「ルサージュ」。羽根飾りのカラーは「ルマリエ」だ。これを現代的なスタイルに落とし込む感性は、服の歴史と時代性を熟知したカール・ラガーフェルドならではのもの。

クレープデシンのプリーツドレスに羽織ったビッグカーディガン。このルックには、スコットランドでのココ・シャネルを想起させるスタイルと、もしメアリー・スチュアートが現代に生きていたらこんな装いを好んだのでは?と思わせる、二つのイメージが息づく。レギンスに合わせたのはライニングにタータンをあしらったポニーカンガルーのブーツ。

職人技術の粋を集めたメティエダール コレクション。フィナーレにはメアリー・スチュアートが好んだといわれる白のルックが並んだ。ウーレン(毛織り)のレースを効かせた中世のガウンのようなロングコートとドレス。このロマンティックなスタイルからは、女王の気品と風格が伝わってくるようだ。

取材/永井友子、写真/©CHANEL

Related article

  • シャネルの知られざる真実に迫る「Inside CHANEL」公開中
    シャネルの知られざる真実に迫る「Inside CHANEL」公開中
  • シャネル「サブリマージュ」から新たなテクスチャーのクリームが誕生
    シャネル「サブリマージュ」から新たなテクスチャーのクリームが誕生
  • シャネル銀座5周年(後編)祝福のレッドカーペットと限定アイテム
    シャネル銀座5周年(後編)祝福のレッドカーペットと限定アイテム
  • シャネルから、新たなボディケア製品がデビュー
    シャネルから、新たなボディケア製品がデビュー
  • 日本初、シャネルのスキンケアトリートメントブース
    日本初、シャネルのスキンケアトリートメントブース
  • シャネルの新たなエレガンス「No19 プードレ」誕生
    シャネルの新たなエレガンス「No19 プードレ」誕生

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「メイド・イン・カッシーナ」展、6月7日まで開催中
  • 2
    春の訪れを告げる、ロクシタン「ワイルドチェリーツリー」
  • 3
    ジャズ名盤講座第36回「United Artists+Solid State編」United Artistsの魅力を味わう名盤9選!Solid Stateの魅力を味わう9選!
  • 4
    今週末開催|みんなで描くまちの未来「Future Catalysts PLATZ vol.1」
  • 5
    ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開
  • 6
    フォトギャラリー:BMW 最新コンセプト
  • 7
    ポルシェがル・マンにかえった日/ポルシェ、その伝説と衝動(5)
  • 8
    ルイーズ・キャンベルとロイヤル コペンのコラボ食器
  • 9
    クラフトビールの新しい楽しみ方、スプリングバレーブルワリー
  • 10
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加