香港で楽しみたい極上のアフタヌーンティー・タイム

2013年 2月 28日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

香港は、1997年まで100年近い英国統治時代の歴史がある。その名残を今に残すのがアフタヌーンティーを出してくれる名店の数々。その中から、九龍サイドの極上のアフタヌーンティーをご紹介。1881年に建築された香港水上警察の建物を、コロニアルな雰囲気はそのままに改築し、ラグジュアリーなショッピングモールとして再生した「1881ヘリテージ」。その旧本庁部分が、10室のスウィートのみというハイエンドなホテル「ヒューレットハウス」となって2010年にオープンした。3階にある「ザ・パーラー」では心地よいバルコニーでアフタヌーン・ハイティーを楽しむことができる。

3段のディースタンドに、スコーン、マカロンやケーキなどのスイーツ、そしてサンドイッチがきれいに盛られて出てくる。ケーキはどれも可愛くて、どれから食べるか迷う。

赤いハートの形をしたバラの香りのケーキは、チョコレートクリームとラズベリーの甘酸っぱさがハーモニーを奏でて秀逸。

バラエティのあるフィンガーサンドイッチも上品な味だ。香り高いティーのセレクションかコーヒーがついて1人238HKドル、2人398HKドルで、14:30~17:30。英国統治下の香港の香りが色濃く残るレトロな建物で、当時のレディーのような気分のお茶が楽しめる。HULLETT HOUSE2A Canton Road, Tsim, Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong公式サイト

Related article

  • 香港で、日本の陶芸グループ展「KIWAMI 極」が開催
    香港で、日本の陶芸グループ展「KIWAMI 極」が開催
  • 世界の一流とアジアの新鋭が集う、香港アートの旅
    世界の一流とアジアの新鋭が集う、香港アートの旅
  • 「香港スタイル」。次の休暇は、大人こそ満足できる“香港”へ
    「香港スタイル」。次の休暇は、大人こそ満足できる“香港”へ
  • バレンタイン限定アフタヌーンティーをシャングリ・ラ ホテル 東京で
    バレンタイン限定アフタヌーンティーをシャングリ・ラ ホテル 東京で
  • 長山智美のムームー日記SP 香港編「deTour」レポート
    長山智美のムームー日記SP 香港編「deTour」レポート
  • 香港にビジネス向け新ホテル、 east(イースト)
    香港にビジネス向け新ホテル、 east(イースト)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    食のセレクトマーケット「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」
  • 2
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 3
    渋谷に本の拠点、SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERS
  • 4
    伊勢丹新宿店でHIROSHI TSUBOUCHIのパターンオーダー会
  • 5
    Volkswagen|移動のクオリティを示す、“Lounge”という新しい記号
  • 6
    仏現代アートの鬼才、ファブリス・イベール
  • 7
    キヤノン、「ミラノサローネ」出展の映像作品エキシビション
  • 8
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 9
    パリの素敵な生活雑貨—メゾン・エ・オブジェ2013秋から
  • 10
    ジャン・コクトーの自邸公開、カルティエを愛した詩人

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加