浸透性を極めたアスタキサンチン配合のアスタリフト

2007年 7月 11日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月12日、富士フィルム ヘルスケア ラボラトリーズから、アンチエイジングのスキンケアシリーズ「アスタリフト」が発売となる。

【アスタリフト クリーム 30g ¥5,250 アスタキサンチンとコラーゲンのほか、ローヤルゼリーやスクワランを配合。細胞のひとつひとつをふっくらとさせ、弾むようなハリのある肌へ導く。】 これまでフィルム事業で培われてきた最先端テクノロジーを応用し、クオリティオブライフの向上を目指すために、昨年スタートした富士フィルムのライフサイエンス事業。「どんなに有効な成分も、浸透しなくては効果が発揮されない」という観点から、その技術を化粧品や食品に応用し、昨年の9月に誕生した富士フィルム初の化粧品「エフ スクエア アイ」シリーズからのリリースとなる。 そのメイン成分は美肌成分として注目されている「アスタキサンチン」。サプリメントなどにも配合されているこの成分は、βカロテンやリコピンと同じカロテノイド系色素の一種の天然の抗酸化成分。ヘマトコッカス藻という海藻から抽出されているため「海のカロテノイド」とも呼ばれている。その抗酸化力は、なんとビタミンEの約1000倍。自然が生み出した天然の成分ながら、加齢や肌ダメージに積極的にアプローチする驚異のパワーの持ち主なのだ。 アスタキサンチンは抗酸化成分として医療でも注目される。発表会では、東海大学医学部教授(抗加齢ドック)であり、高輪メディカルクリニック院長の久保明先生による「抗加齢によるアンチエイジング:問題点と可能性」をテーマにした講演が行われた。アスタキサンチンは優れた抗酸化ネットワークを生み、肌だけでなく、脳、血管などのアンチエイジングにも効果が期待できるとか。 今回発売となる新シリーズ、アスタリフトは独自のナノテクノロジーでナノ粒子化されたアスタキサンチンに加え、3種のコラーゲンを配合。コラーゲンは分子の大きさが異なり、肌表面、内部、さらにその奥までと3段階で浸透。保湿、ハリや弾力アップ、コラーゲン補給とパーツ別に機能を発揮。ビタミンEの1000倍もの美肌パワーを持つ注目の成分アスタキサンチンが、肌に補給されたコラーゲンを活性酸素から守る役割を果たすことで、総合的なコラーゲンケアが実現。

【左・アスタリフト エッセンス 30ml ¥6,300 高濃度のアスタキサンチンとコラーゲンのほか、ローヤルゼリー、エラスチンなどのハリ&弾力アップ成分をたっぷり配合。】【右・アスタリフト ローション 150ml ¥3,990 アスタキサンチン、各種コラーゲンのほかヒアルロン酸を配合。みずみずしく柔らかな肌に整える。】 活性酸素は細胞を傷つけ、真皮層のコラーゲンやエラスチンを破壊して、シワやたるみの原因になると言われる肌の刺客のようなもの。その刺客をやっつけてくれるアスタキサンチン、さらに肌のハリを補い、生み出し、守る3種のコラーゲンがタッグを組んだ新シリーズ、アスタリフトは、理想のエイジングケアをサポート。ピンッと指を弾く肌、夢じゃなく現実にしてくれるかもしれない。お問い合わせ:富士フィルム ヘルスケア ラボラトリー tel.0120-596-221取材/川原妃巳香

Related article

  • アルスノーヴァから“再生”をテーマにしたスキンケアが登場
    アルスノーヴァから“再生”をテーマにしたスキンケアが登場
  • クレ・ド・ポー ボーテから新発売のマスクで、輝きランクアップ
    クレ・ド・ポー ボーテから新発売のマスクで、輝きランクアップ
  • ヘレナ ルビンスタインのXmasキット、特別な夜に輝く肌に
    ヘレナ ルビンスタインのXmasキット、特別な夜に輝く肌に
  • ゲラン最高峰スキンケアシリーズから、新アイテムが登場
    ゲラン最高峰スキンケアシリーズから、新アイテムが登場
  • マーク・ジェイコブスから数量限定フレグランスが登場
    マーク・ジェイコブスから数量限定フレグランスが登場
  • フェラガモから待望の新フレグランス、
    フェラガモから待望の新フレグランス、"大人のシニョリーナ"誕生

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトイメージングエキスポ2007
  • 2
    レイングッズだから楽しめるド派手カラーの雨の日アイテム
  • 3
    今週末見るべき映画「1001グラム ハカリしれない愛のこと」
  • 4
    ドワネルさんがおすすめする、夏のさわやかワイン
  • 5
    ドイツのデザイン家電が100台!ミーレのショールームが目黒に
  • 6
    大人の炭酸で乾杯したい「トゥモローランド」
  • 7
    シュールに歪んだデビアス銀座が3/20オープン
  • 8
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 9
    中島かずき氏インタビュー|どんなときでも、とりあえず手を動かす
  • 10
    2018年12月15日~2019年2月2日(土)Ahn Jun「One Life」展 CASE TOKYO

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加