プラチナで至高の肌へ、ラ・プレリーの「クリームP.Tレア」

2009年 5月 12日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

スイス発のアンチエイジングスキンケアブランド「ラ・プレリー」から、テクノロジーとラグジュアリーを融合させたクリーム「クリームP.Tレア」が発売された。 ラ・プレリーといえば、これまで、ラグジュアリーかつ革新的な製品を世に送り出してきた老舗ブランド。キャビアパール状がユニークな美容液「スキンキャビア」、発光テクノロジーを駆使した「セルラー ラディアンス クリーム」、そしてピュアゴールドの特性を生かした「セルラー ラディアンス コンセントレート」に続き、この「クリームP.Tレア」には、地球上でもっとも希少かつ高価な鉱物といわれる“プラチナ”のパワーを用いたスキンケアの傑作だ。

「クリームP.Tレア」50ml ¥157,500 プラチナはさまざまな美肌効果のカギを握る。「クリームP.Tレア」では、プラチナをマイナスチャージされた“プラチナコロイドウォーター”として処方。肌の潤いの電位バランスを健やかに整え、好調な肌状態に導く。その結果、美容成分が届く肌に。また、電位バランスが整うと、肌機能も良好になり、肌に必要な成分や水分を取り込み、不要な老廃物を排出するといった、肌の代謝が活発に。“バランスを整える”という、若々しい肌でいるためにもっとも必要で大切な機能を“プラチナ”がサポート。 そのほか、肌の湿度・温度に対応し、水分バランスを最適に保つ環境対応型保湿成分“モイスチャーマトリックス”。うるおいフィルムを形成して水分を肌に閉じ込める“水分維持フィルム”。肌内部のコミュニケーションを整える“セラミド2+パルミトイルオリゴペプチド”。ハリのある肌に導く赤鉄鉱抽出物“ヘマタイトエキス”。外的要因から肌を守る孔雀石抽出物“マラカイトエキス”などの美容成分を贅沢に配合。 これら美容成分に触媒として働く“プラチナ”が加わることで、より高い相乗効果を発揮。ピュアプラチナと美容成分が一体となって働くからこそ、充実のエイジングケアが可能に。ほんのりシルバー色をしたクリームは、スフレのようになめらかで、驚くほど軽い感触。肌に優しく溶け込んだあとは、優れた保湿効果でしっとり。プラチナ微粒子と光を反射する“シルバーパレセントピグメント”により瞬時に品格のあるツヤ肌に。 優美さとエネルギー、そして宇宙を表現した幾何学的なパッケージデザインは、すべてハンドクラフト。美術品のようなエレガントな容器は、手にするたびに喜びや幸せを喚起させてくれる。感触やパッケージまで、すべてに最高を極めた「クリームP.Tレア」。そのピュアでレアな成分・プラチナと贅沢な美容成分が、柔らかく輝きに満ちたエイジレスな肌へと導いてくれる。お問い合わせ:ラ・プレリー tel.0120-223-887la prairie取材/川原妃巳香

Related article

  • 吉岡徳仁の最新作「LAKE OF SHIMMER」 
    吉岡徳仁の最新作「LAKE OF SHIMMER」 
  • 伊勢丹新宿店「オメガフェア」、オリンピックコレクションが集結
    伊勢丹新宿店「オメガフェア」、オリンピックコレクションが集結
  • 【動画】たった3分。オイル蒸しパックで、毛穴レスな柔らか肌を手に入れる
    【動画】たった3分。オイル蒸しパックで、毛穴レスな柔らか肌を手に入れる
  • 「フライターグ」アジア初の旗艦店が銀座にオープン
    「フライターグ」アジア初の旗艦店が銀座にオープン
  • 美しき“R”。ジャスパー・モリソンが語る、ラドー新作「r5.5」
    美しき“R”。ジャスパー・モリソンが語る、ラドー新作「r5.5」
  • オーガニックスキンケアの醍醐味を味わえる「インフィオレ」
    オーガニックスキンケアの醍醐味を味わえる「インフィオレ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「プジョー3008」、デザイナーが語る新型クロスオーバーの魅力
  • 2
    自分だけの香りを創る「カスタムメイド フレグランス」
  • 3
    特撮にみる職人の技術と匠の技。『館長 庵野秀明  特撮博物館  ミニチュアで見る昭和平成の技』
  • 4
    Wホテル台北 開業1周年はバレンタインデー、ホットでセレブなステイを約束するキャンペーン
  • 5
    ホンダ、伝説のスポーツカー「NSX」の新型プロトモデルを発表
  • 6
    ルイ・ヴィトンのショートフィルムコンテストで日本人が審査員賞を受賞
  • 7
    スペインとイヌイット文化の融合から生まれた天然石ジュエリー
  • 8
    NYの老舗オイスターバー、年に一度のブッフェイベントを開催
  • 9
    さらりとした貫禄。VWトゥアレグV6|試乗レポート
  • 10
    アートと水槽の融合—アートアクアリウム展が東京・日本橋で開催

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加