この夏のドリアデはキッズものが充実

2007年 7月 24日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

少子化のせいなのか、子ども一人当たりにかける予算は増えるばかり。はたまた、小さい頃からいいものに触れさせたいという親心のなせる業か。そんな親心を刺激しそうな、子供向け商品が、東京・青山のダ・ドリアデ青山に到着した。 ドリアデといえばイタリアの高級家具ブランド。デザインに敏感な大人たちが集う店だけに、キッズ用とはいえまるでアートのようだ。

【カードボードハウス「NDEBELE」 ¥36,750 アニマルのお人形(4種/セット) ¥12,600】 ダンボールの大きな家は、アフリカの伝統的な意匠に着想を得た、カラフルな文様。W90×H159×D92cmと結構な大きさ。その周りをぐるりと囲むのが動物の人形。これ上半身と胴体、下半身をバラバラにでき、組み合わせではゾウが頭でお尻がライオンなど、新しい生物を作り出せるという、可愛いのになんともバイオ感覚なおもちゃ。ちなみに中央にあるのは深澤直人デザインの子供用デスク&チェア(日本未発売)。 下のラグは並べて敷いて、海と陸の気分で「ごっこ」遊びができる。とはいえ、その題材は万物創造をあらわす<ノアの箱舟>と、なかなか壮大。動物や魚はすべてペアで描かれている。

【ラグ「LAND」、「SEA」各¥82,950(W1260xD1780mm)100%ウール】 デザインはすべて、ドリアデのラグや食器に花や自然の絵をデザインしている芸術家ヴィットリオ・ロカテッリによるもの。子ども向けというだけでなく、ロカテッリ入門編のカジュアルアートとして使うのもよさそう。

Related article

  • ハウスクリーニングプロダクト「マーチソン・ヒューム」日本上陸
    ハウスクリーニングプロダクト「マーチソン・ヒューム」日本上陸
  • パナソニックが目指すこと―ミラノサローネ出展を振り返る
    パナソニックが目指すこと―ミラノサローネ出展を振り返る
  • フォトギャラリー:「吉岡徳仁デザインによる、CAMPER旗艦店」
    フォトギャラリー:「吉岡徳仁デザインによる、CAMPER旗艦店」
  • パリの街角vol.6『エドヴィナ・ド・シャレット with シンスケ』
    パリの街角vol.6『エドヴィナ・ド・シャレット with シンスケ』
  • リビング・モティーフから折りたためるロッキングチェア
    リビング・モティーフから折りたためるロッキングチェア
  • ミラノサローネ開幕。吉岡徳仁がデザインする「宇宙のテーブル」とは?
    ミラノサローネ開幕。吉岡徳仁がデザインする「宇宙のテーブル」とは?

Prev & Next

Ranking

  • 1
    <領域>を行き来する映像空間—さわひらき個展 Under the Box, Beyond the Bounds
  • 2
    ミラノサローネ2010、トピックス総まとめ「世界編」
  • 3
    ジャズ名盤講座第2回「ブルーノート~4000番台編」ビギナー向け15選!マスター向け23選!
  • 4
    パージ:大統領令 【今週末見るべき映画】
  • 5
    イ・ブル展「この不条理な世界に抵抗したい」
  • 6
    福武ハウス 2010に気鋭の現代作家:瀬戸内国際芸術祭
  • 7
    第17回東京フィルメックス(2016) 見どころは キム・ギドク監督最新作も
  • 8
    最終日12/24までメイン会場の入場料が半額に!「水と土の芸術祭2012」
  • 9
    長山智美のムームー日記SP「ワタクシ的良かったもの」
  • 10
    フォトギャラリー: 日本橋三越  DESIGNTIDE TOKYO 2012

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加