『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

放っておけない脚の「むくみ」をレスキュー

2009年 6月 3日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

たとえば「気づいたらパソコンに向かったまま何時間も過ごしていた」とか、「今日もほとんど立ちっぱなしだった」なんて、案外珍しくないパターンだったりする。そんな日々の避けられない環境下で仕事をする女性たちが抱える悩みの多くが「むくみ」。 座ったまま、あるいは立ったままで長時間を過ごすと、脚の特にふくらはぎから下の血液循環が滞り、だるさや重さ、むくみなどの症状を引き起こす。実はこの「むくみ」を放っておくと、皮膚から血管が浮き出てしまう「静脈瘤(じょうみゃくりゅう)」や、血管上の肌に腫れや赤みが出る「静脈炎」などに至る危険性もはらんでいて、さらには静脈炎の合併症などを引き起こす可能性もある、結構深刻な話なのだ。 そうした事態に至らないために心がけたいことが “毎日のケア”。日々の生活からくる脚の疲れを溜め込まない、翌日に持ち越さないこと。単純に考えてみても、「むくみ」が見た目にもすてきじゃないことくらい分かっているわけだし。 そこでおすすめしたいのが、comfort zone(コンフォートゾーン)から5月28日に発売された最先端のレッグケア「leg cream-gel(レッグ クリームジェル)」。

leg cream-gel(レッグ クリームジェル)200ml ¥10,500 トチノミ由来のエスチンが脚のむくみを減らし、血液循環を改善。アフリカの大地で古来より親しまれてきたマフラバター(アフリカ南部の川や海岸に沿って育つ常緑樹ムコンゴニの実から採取されるオイル。抗菌作用や抗炎症作用に優れている)、モンゴンゴナッツオイル(カラハリ砂漠などのアフリカ南部に広く育つモンゴンゴの仁から採取されるオイル。過酷な環境から肌を守る保湿油として親しまれている)、バオバブオイル(世界最古の木とされるアフリカ全土に育つバオバブの仁から採取されるオイル。ビタミンA・D・E・Fやオレイン酸・リノレン酸など多くの栄養を含む)など、贅沢に配合された植物成分が、優れた栄養補給効果と柔軟作用を発揮してくれる。 手に取るとクリーム状だけど塗り込むとジェルのようにさらっとしたテクスチャーが特徴。毎晩お風呂上がりなどに適量を脚に塗布し、くるくる円を描きながら足先から上にむかって入念にマッサージするだけ。中に配合されるさまざまな植物の恵みが疲れきった脚にじわじわと栄養を与え、過酷な日々のライフスタイルから守ってくれる。大切なのは毎日使いつづけていくこと。心地よい大地の香りで癒されながら、なめらかでハリのある肌・むくみのない脚で快適な毎日を手に入れたい。お問い合わせ:コンフォートジャパン tel.045-411-5051comfort zone取材/松浦明

Related article

  • 吉岡徳仁デザイン「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE / AOYAMA」
    吉岡徳仁デザイン「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE / AOYAMA」
  • 癒しを超え、老いに挑むジュリークのエイジングケアライン
    癒しを超え、老いに挑むジュリークのエイジングケアライン
  • 水がテーマ 佐藤 卓ディレクション「water」展
    水がテーマ 佐藤 卓ディレクション「water」展
  • 押さえておきたい、「ほんまもん」の京料理/3)食で巡る、物語のある京都
    押さえておきたい、「ほんまもん」の京料理/3)食で巡る、物語のある京都
  • POLAから新設計ヘアマスク、イデアスタイル
    POLAから新設計ヘアマスク、イデアスタイル
  • エイジングケアの老舗からアイジェル発売
    エイジングケアの老舗からアイジェル発売

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「TORAYA CAFE」で寛ぐ新しい朝の時間
  • 2
    今週末見るべき映画「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」
  • 3
    「パーク ハイアット 東京」のクリスマス限定メニュー
  • 4
    森田恭通がデザインする「トラベルシリーズ 」が登場
  • 5
    台湾の故宮博物院とALESSIがコラボ
  • 6
    ヌード!ヌード!ヌード!篠山紀信がビルジャック
  • 7
    ジャポニスムの旗手、ホイッスラーの回顧展
  • 8
    アントニオ・チッテリオインタビュー、私は本当に「ふつうの人」
  • 9
    “食文化の発信基地に暮らす”「NODE UEHARA」の提案
  • 10
    ケアンズでおすすめ、シャングリ・ラ ホテル ザ マリーナ ケアンズ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加