『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

アクセーヌから“潤い力”に注目した、ホワイトニングが誕生

2007年 8月 10日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

「潤う力を取り戻せば、肌はもっと白くなれる」という皮膚生理学の研究結果をもとに、 アクセーヌから“保湿”で色素沈着の悩みを解決する新しいホワイトニングアイテムがシリーズで誕生した。

2000年から「刺激と色素沈着」のメカニズムに着目し、独自のホワイトニングアイテムを進化させてきたアクセーヌは、“乾燥”“刺激”“色素沈着”の関係性を徹底的に研究。角質層をみずみずしく生まれ変わらせることで、肌の深部にまで美白成分を浸透させる独自技術<多層リリースエマルジョン>採用の美白カプセル(美白成分をたっぷり配合したナノ粒子をカプセル化することで、今まで届きにくかった肌深層部の狙ったところに、届けたい成分を負担なく浸透させることができるというしくみ)を開発した。 特に夏から秋にかけて、何かと乾燥しがちな肌の角質層は“隙間だらけ”になる。つまり、肌本来のバリア機能がかなり低下した状態となっているため、そこへさらに紫外線などのダメージを加わると、色素沈着(=シミ、くすみ)は一層に進む傾向にある。 「ホワイト エマルジョン ディープ モイスチュア C」(写真下左)は、こうした 色素沈着を引き起こす“角質層の隙間”を美肌カプセルの保湿成分で埋めることで、角質層の水分保持機能の回復を促し透明感を引き出してくれる化粧水。主成分である注目の美白カプセルの中には、話題のAPPSの他、メラニン生成を抑制する保湿成分<クララエキス>や、肌のバリア機能を整える<メディテカ>、肌のキメを整える保湿成分<アップルエキス><Gトレハロース>が贅沢に配合されている点にも注目したい。 また、「ホワイト エマルジョン ディープ モイスチュア C」をたっぷりと含ませたフェイスマスク「ホワイト エマルジョン ディープ モイスチュア C マスク(化粧液含浸シートマスク)」や、ジェル状美容液「ホワイト エマルジョン セルアップ ジェル W-CP」(写真下右)も同時発売された。

【アクセーヌ ホワイト エマルジョンシリーズ】(写真左)ホワイト エマルジョン ディープ モイスチュア C 170ml¥5,775(写真右)ホワイト エマルジョン セルアップ ジェル W-CP<医薬部外品> 32g¥10,500その他、ホワイト エマルジョン ディープ モイスチュア C マスク 8枚入り¥5,250も発売

なお、9月には全国有名百貨店アクセーヌコーナーにて、旅行用などに便利な同シリーズの数量限定キット「White Impression」(¥5,775)が登場する予定。お問い合わせ:アクセーヌ フリーダイヤル 0120-120783取材/松浦明

Related article

  • 吉岡徳仁デザイン「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE / AOYAMA」
    吉岡徳仁デザイン「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE / AOYAMA」
  • 癒しを超え、老いに挑むジュリークのエイジングケアライン
    癒しを超え、老いに挑むジュリークのエイジングケアライン
  • 水がテーマ 佐藤 卓ディレクション「water」展
    水がテーマ 佐藤 卓ディレクション「water」展
  • 押さえておきたい、「ほんまもん」の京料理/3)食で巡る、物語のある京都
    押さえておきたい、「ほんまもん」の京料理/3)食で巡る、物語のある京都
  • POLAから新設計ヘアマスク、イデアスタイル
    POLAから新設計ヘアマスク、イデアスタイル
  • エイジングケアの老舗からアイジェル発売
    エイジングケアの老舗からアイジェル発売

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「TORAYA CAFE」で寛ぐ新しい朝の時間
  • 2
    今週末見るべき映画「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」
  • 3
    「パーク ハイアット 東京」のクリスマス限定メニュー
  • 4
    森田恭通がデザインする「トラベルシリーズ 」が登場
  • 5
    台湾の故宮博物院とALESSIがコラボ
  • 6
    ヌード!ヌード!ヌード!篠山紀信がビルジャック
  • 7
    ジャポニスムの旗手、ホイッスラーの回顧展
  • 8
    アントニオ・チッテリオインタビュー、私は本当に「ふつうの人」
  • 9
    “食文化の発信基地に暮らす”「NODE UEHARA」の提案
  • 10
    ケアンズでおすすめ、シャングリ・ラ ホテル ザ マリーナ ケアンズ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加