『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

銀座に「ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座」が誕生

2007年 9月 6日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミシュランの三ツ星を43年間獲得し続け、80歳をすぎたいまもなお、キッチンに立ち続けるポール・ボキューズ氏。彼の日本で2店舗目となるブラッスリーが、銀座のマロニエゲート内にオープンした。 広々としたオープンキッチンの活気がブラッスリーらしい雰囲気を作るダイニングで味わえるのは、氏が好きだというカブを使った煮込み料理“ナヴァラン”や、お馴染みの郷土料理“クネル”といった、骨格のしっかりした飾らないブラッスリー料理。

【仔羊すね肉のナヴァラン¥2,900】▲仔羊が、骨付きのまま、やわらかく煮込まれたボリュームのあるひと皿。 でも、それだけではない。もうひとつの特徴は、こうした肩の凝らない空間で、あの“1975年にエリゼ宮にてV.G.E.に捧げたトリュフのスープ”など、「レストラン ボキューズ」のスペシャリテ、つまり三ツ星の味までもがアラカルトで楽しめてしまうことなのだ。これは、フランスにもない、ここならではの贅沢である。

【1975年にエリゼ宮にてV.G.E.に捧げたトリュフのスープ¥4,800(1/2)、¥9,000(写真はフルポーション)】▲フォアグラとトリュフのスープをパイで包んだ、なんとも贅沢な一品。パイをかぶせたのは、時の仏大統領の午餐会にふさわしい料理として考案した際に、どうすればトリュフの香りを閉じ込めたままテーブルまで運べるか、という思いから浮かんだアイデア。パイの蓋を開けたらまずトリュフの香りを楽しんで。

【“ムッシュ ポール・ボキューズ”のクレーム・ブリュレ¥900】▲カリカリのカラメリゼととろりとしたクリームの対比が醍醐味のクレーム・ブリュレも、じつはボキューズ氏の考案したデザートだという。その元祖の味を。

▲1961年、リヨンに「レストラン ボキューズ」をオープン。65年にミシュランの三ツ星を獲得して以来、三ツ星を維持し続けているポール・ボキューズ氏。 マロニエゲートの10階からのぞむ銀座の夜景はもちろん、店内には、1978年にポール・ボキューズ氏、アラン・シャペル氏など名だたるシェフたちを“最後の晩餐”に見立てて撮影された大きな写真が飾られた、ビジネスにも使える個室や、バーカウンターもあって、さまざまなシチュエーションで利用できそうだ。ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲート10Ftel. 03-5159-0321open. 11:00~14:30(L.O)、17:30~21:00(L.O) 無休ダイニング124席、個室8席ランチコース¥2,500~、ディナーコース¥7,500~。昼夜アラカルトあり。取材/齋藤優子

Related article

  • 「ジャン=ポール・エヴァン」から、年末年始彩る新作が続々
    「ジャン=ポール・エヴァン」から、年末年始彩る新作が続々
  • アラン・デュカスと京都三大名店による“食の饗宴”
    アラン・デュカスと京都三大名店による“食の饗宴”
  • フランス料理界の巨匠ジョエル・ロブションの新店舗
    フランス料理界の巨匠ジョエル・ロブションの新店舗
  • 日本橋三越に、浅野正己氏プロデュースのベーカリーがオープン
    日本橋三越に、浅野正己氏プロデュースのベーカリーがオープン
  • フランス・ボルドー最新レポート(4)「甘口ワインがおもしろい」
    フランス・ボルドー最新レポート(4)「甘口ワインがおもしろい」
  • 「コンラッド」母の日特別宿泊プラン&スパパッケージ
    「コンラッド」母の日特別宿泊プラン&スパパッケージ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    世界最大の現代美術展「ドクメンタ(13)」レポート
  • 2
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 3
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 4
    今日からスタート 「スパ&ウエルネスウィーク」で美と癒しのサロンへ
  • 5
    フォトギャラリー:日産コンセプトカー「インフィニティ エッセンス」
  • 6
    今週末見るべき映画「Dearダニー 君へのうた」
  • 7
    フライターグの次世代型リュック「F48 HAZZARD」
  • 8
    家具、デザインの名ブランドが続々と―ケルン国際家具見本市レポートVol.2
  • 9
    はじめてのおもてなし 【今週末見るべき映画】
  • 10
    ますます充実、「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加