イッタラx松屋銀座 1000個限定でコラボマグ発売

2009年 9月 15日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

イッタラと言えばフィンランドの国民的な食器ブランド。「ティーマ」といったロングセラーから、アルフレッド・ハベリのカラフルなストライプ「オリゴ」や、クラウス・ハーパニエミの幻想的な絵柄「タイカ」など、北欧的なモダンデザインアイテムが世界的に愛されている。フォルムはシンプルで、美しいながらも普段づかいできる気軽さが、人気の秘密だ。 そのイッタラが、松屋銀座の140周年を記念して、同店とコラボしたマグを発売する。9月15日~23日まで1,000個を先行限定販売。

イッタラ×松屋銀座 限定マグ ¥3,465 「ティーマ」のベーシックなマグに、フィンランド在住の日本人デザイナー、つぼいねね氏がデザインを手がけた。商品名は「タハティメッツァ」で、フィンランド語で「星の森」の意味。森の木々と空の星がモチーフで、白地に青の点描で描かれた柄は、どこか日本の文様も思い起こさせる。カップの底裏には、つぼいさんのトレードマークの「熊顔」も刻印されている。 松屋銀座は、日本に早くから北欧の生活文化を紹介した百貨店。北欧デザインがこんなに人気になる前から、松屋銀座のスカンジナビアコーナーは数々の名作家具や北欧の生活雑貨を販売していた。イッタラもその一つだ。だからこそ松屋銀座とイッタラのコラボレーションは、単なる話題づくりではなく、息の長いパートナーシップを紡いできた両者の絆が垣間見える。お問い合わせ:イッタラ松屋銀座 tel.03-3567-1211取材/本間美紀

Related article

  • ムービー:「BACCARAT HIGHLIGHT」
    ムービー:「BACCARAT HIGHLIGHT」
  • アート、建築、食、そして人。いま、横浜のまちが面白い!
    アート、建築、食、そして人。いま、横浜のまちが面白い!
  • 閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
    閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
  • アール・デコを生活文化の中に見る展覧会
    アール・デコを生活文化の中に見る展覧会
  • ヘブンリーベッド、「BALS TOKYO GINZA」で展示販売
    ヘブンリーベッド、「BALS TOKYO GINZA」で展示販売
  • インタビュー:カーリン・フランケンスタイン「ポスト・フォッシル」
    インタビュー:カーリン・フランケンスタイン「ポスト・フォッシル」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    写真との幸福で理想的な関係。「梅佳代展 UMEKAYO」
  • 2
    永遠のCM修行僧、中島信也の絵コンテ集
  • 3
    恵比寿に、杉本貴志プロデュース『春秋ユラリ』がオープン
  • 4
    メルセデス・ベンツ、Gクラス特別仕様車
  • 5
    暮らしに書斎空間が誕生!? トラフの新製品「コロロデスク」
  • 6
    アストンマーティンの最新4ドアスポーツ「ラピード」
  • 7
    今週末見るべき映画「チャップリンからの贈りもの」
  • 8
    「グランド ハイアット 東京」のクリスマス2008
  • 9
    クリストとジャンヌ=クロード展 LIFE=WORKS=PROJECTS
  • 10
    一瞬の情景を切り取る。 高性能コンパクトデジタルカメラ、ライカX2が登場

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加