オリジナリティ溢れる「Lejaby」秋冬コレクション

2007年 10月 4日 10:00 Category : Garbo

このエントリーをはてなブックマークに追加

1942年、パリで生まれた「Lejaby(レジャビー)」。フランスのトップメーカーのひとつとして、ヨーロッパを中心に世界中で愛されているランジェリーブランドだ。機能性と着用感の良さ、豊富なサイズバリエーション、リーズナブルな価格に定評があり、最近はトレンドを意識したデザインも話題だ。日本でも、その個性的な愛らしいデザインが注目されており、日本人女性と相性の良いブラジャーのパターン、ショーツ類の着け心地も受け、人気が上昇している。2007-08秋冬の「Lejaby」は、ファッション性の高いキュートなデザインの中に潜む、レースと刺繍の存在感がユニーク。遠目でも分かるほどの大胆な配しが小気味よく、身に着けるだけで楽しい気分になりそうなコレクションばかりだ。以下にテーマ別で1シリーズずつ紹介する。

▲「ナポレオンユニフォーム」がテーマの「ATTITUDE」シリーズ。ミリタリールックからインスパイアされた、ブランデンブルグモチーフを取り入れたループ刺繍が特徴。マスキュリンなモチーフをフェミニンの象徴であるランジェリーに落とし込んだのが新鮮。パデッドブラジャー¥17,430円、タンガ¥10,500

▲「ブラック・バロック」がテーマの「BLACK BEAUTY」シリーズ。ゴージャスな印象のギュピールレースと、デリケートなシャンティリーレースの計算されたコンビネーションが秀逸。今年注目のブラックならではの大人っぽい肌の透け感を楽しみたい。パデッドブラジャー¥17,850、タンガ¥11,550

▲「ロイヤル・パッション」がテーマの「BOUDOIR」シリーズは、「フランス中世の華麗なる宮廷を舞台に、激しい運命にその身を投じたマリー・アントワネット。その情熱からインスパイアされた」という。サテンの光沢感と繊細なシャンティリーレースがラグジュアリー。フルカップブラジャー¥17,640~、ガーター¥22,890、ミニタンガ¥8,610「女性としての楽しみを与えるランジェリー作りをモットーとしている『Lejaby』は、その独創的でエレガントなデザインで、本国フランスのみならず世界中でファンを増やしています。日本でも年々愛用者が増えていますので、まだお試しでない方はぜひ一度身に着けてみてください。女性としての自信と幸福な気分を堪能させてくれるランジェリーです」(広報・西原理恵さん)。オリジナリティ溢れるデザインをはじめ、バストをキレイに見せてくれる機能性、豊富なサイズ展開が魅力だ。しかも手頃なプライスという4拍子揃ったランジェリーは少ないので、インポートに興味がある初心者の入門ブランドとしても推薦したい。お問い合わせ:アルテックス tel.03-3585-6071取材/小川のぞみ

Related article

  • イタリア・クリスティーズ初夏の新作
    イタリア・クリスティーズ初夏の新作
  • イタリア・スワン オリジナルの夏はパステルカラー
    イタリア・スワン オリジナルの夏はパステルカラー
  • 素材での遊びが革新的 「Zinco in on」 の秋冬コレクション
    素材での遊びが革新的 「Zinco in on」 の秋冬コレクション
  • 「PIERRE HARDY」からマルチカラーのスニーカーが登場
    「PIERRE HARDY」からマルチカラーのスニーカーが登場
  • ベイクルーズが手がける家具店、J.S.Furniture
    ベイクルーズが手がける家具店、J.S.Furniture
  • ワコールディアの秋冬新作ランジェリー
    ワコールディアの秋冬新作ランジェリー

Prev & Next

Ranking

  • 1
    熟成肉ブームの先駆け「京都 中勢以」、新たなる挑戦
  • 2
    ジャズ名盤講座第10回「ヴァーヴ編(その3)」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
  • 3
    「ピュアレチノール」の力で、肌を着替えるようにリニューアル
  • 4
    ジャズ名盤講座第33回「Enja+Steeplechase」Enja24選!Steeplechase24選!
  • 5
    ジャズ名盤講座第37回「Candid+Black Lion & Freedom編」Candidの魅力を味わう名盤38選!Black Lion&Freedomの魅力を味わう9選!
  • 6
    世界の90%の人たちを相手にするデザインとは?
  • 7
    吉岡徳仁が、Kartell社より新作「TWINKLE」を発表
  • 8
    山のような建築 雲のような建築 森のような建築
  • 9
    ドイツ、バドホンブルグの優雅な高級デイスパへ
  • 10
    今週末見るべき映画「やがて来たる者へ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加